ネイティブ相手に今日から使える!oftenの意味と使い方

ペラペラ

oftenは、日常生活レベルの会話内にも非常に良く登場する単語です。中学校の授業でこの単語について学んだことを覚えている方も多いでしょう。

今回の記事では、そんなoftenの意味や使い方について詳しく解説していきます。記事後半では語源や類語についても学べる内容です。

すでに馴染みのある単語を、もっと深く学んで実践的に使っていきたいという方はぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

oftenの意味

今回ご紹介するoftenには、品詞は副詞の1つしか存在しません。同じ副詞の中で意味は大きく分けて2つあります。以下から、それぞれの意味について詳しく解説していきます。

しばしば、たびたび、よく

最初にご紹介するのは、oftenの副詞としての意味「しばしば、たびたび、よく」です。いわゆる頻度を表す副詞の意味で、何かの行為や状態に対する頻度について表現する際に使用します。

例えば、「私はしばしばそのお店で買い物をします」、「彼女はよく寝ぼけています」内、「しばしば」、「よく」の部分がこの意味のoftenです。

多くの場合、よくあることだが

次にご紹介するのは、oftenの副詞としてのもう一つの意味、「多くの場合、よくあることだが」です。特に複数形の名詞、代名詞と共に使用してこの意味を表します。

例えば、「子供は多くの場合外で遊ぶことが好きです」、「多くの場合女性はモールでの買い物を楽しみます」内、「多くの場合」の部分にこの意味のoftenを活用可能です。

oftenの発音・読み方

それではここからoftenの発音と読み方を確認していきましょう。

oftenの発音記号

ɔ’:fən

発音記号にすると、は「ɔ’:fən」と表記されます。

oftenの発音・読み方

oftenの発音・読み方は、日本語で「オーファン」となります。

まず、最初の「ɔ’ː」の部分は口を心なし大きく開けた後、唇を丸く前に尖らせた形で「オー」と発音します。

「fə」の部分はまず「f」を上前歯で下唇を軽く噛み、その隙間から「フ」と息を出して出します。「ə」は口をあまり開けず、弱く曖昧な音で「ア」と出します。これら2つの音を組み合わせて、「ファ」とします。

最後に、「n」は舌先を前歯のすぐ裏の歯茎に付け、一瞬息を止めて「ヌ」と軽く言うような意識で「ン」とします。この音は、強くならないように注意するのがポイントです。

特に「f」や「n」の音は日本語にない音なので、注意が必要です。何度も発音の練習を重ねていきましょう。

oftenの使い方と例文

ここまで、oftenの副詞としてのそれぞれの意味と発音のポイントについて解説してきました。

以下から、まずはoftenの使い方を学ぶ際のポイントのまとめ、次に実際の例文について詳しく解説していきます。

oftenをより実践的に使いこなしていきたい!という方はぜひチェックしてみてくださいね。

oftenの使い方

oftenは、大きく分けて2つある意味と文の形に着目して使い方を整理すると、分かりやすくなります。

意味だけでなく、その文の形にもしっかり目を向けて学びを進めていきましょう。

oftenの例文

早速以下から、oftenの具体的な例文をいくつかご紹介していきます。

新たに意味を学んだ単語を具体的な例文の形に落とし込んで学んでおくと、実際の会話でも活用できる確率がぐんと上がります。

ぜひ、自分だったらどんな場面でこの例文を応用するだろう?という視点を持って例文を学んでみてくださいね。

oftenを使った例文①

I often shop at the store.

最初にご紹介するのは、oftenの「しばしば、たびたび、よく」の意味を活用した例文です。意味は「私はしばしばそのお店で買い物をします」となります。

この例文のように、shopのような一般動詞とoftenを一緒に使用する場合は、oftenを一般動詞の前に置きましょう。

会話文例
I often shop at the store.
(私はしばしばそのお店で買い物をします。)
Do you mean the one on 10 mile road? I go there a lot too.
(10マイルにあるお店のことですか?私もそこにはよくいきますよ。)

oftenを使った例文②

She’s often asleep.

同じくoftenの「しばしば、たびたび、よく」の意味を活用したこの例文は、「彼女はよく寝ぼけています」という意味になります。

この例文のように、oftenをbe動詞と一緒に使用する場合はoftenをbe動詞の直後に置くのが原則です。

会話文例
Is she doing okay?
(彼女大丈夫?)
Yeah, she’s fine. She’s often asleep right after she wakes up.
(うん、大丈夫だよ。彼女は目覚めた直後はよく寝ぼけているから。)

matterを使った例文③

Children often like to play outside with their friends.

oftenの「多くの場合、よくあることだが」の意味を活用したこの例文は、「子供は多くの場合外で遊ぶことが好きです」という意味を表します。

先の例と同じく、oftenを一般動詞と一緒に使っているため、その直後にoftenが来ています。

会話文例
Children often like to play outside with their friends.
(子供は多くの場合外で遊ぶことが好きです。)
True. My kids love to play outside especially in summer.
(本当に。私の子供も特に夏は外で遊ぶのが大好きですよ。)

oftenを使った例文④

Women often enjoy shopping at the mall.

最後にご紹介するのは、「多くの場合女性はモールでの買い物を楽しみます」という意味を表す例文です。この例文も、oftenの「多くの場合、よくあることだが」の意味を活用しています。

会話文例
Women often enjoy shopping at the mall.
(多くの場合女性はモールでの買い物を楽しみます。)
I agree. Sounds like my wife.
(同感です。私の妻のことのようです。)

oftenを使う際の注意点

他の頻度を表す表現とのニュアンスの違い??

oftenを使用する際に注意なのは、英語で頻度を表す他の副詞との意味の使い分けです。以下から、この点について詳しく解説していきます。

ニュアンスに合わせて頻度を表す他の副詞と使い分けよう

英語の副詞には、oftenの他にも頻度を表す単語が多数存在します。例えば、sometimes(時々)、usually (たいてい)、always (いつも)などがそのよい例です。

日本語の意味を列挙した場合と同様、微妙な差ではありますが、それぞれの副詞の間にはニュアンスの違いが存在します。

人それぞれに頻度の度合いの定義は異なるので、会話の中で常に完璧にその差を使いこなすというのは不可能です。

しかし、最低でも自分がこれらの副詞を使用する際にはニュアンスの区別を理解して使用するよう注意しましょう。

oftenの語源

新たに学んだ単語の語源を知ることは、その単語に対する深い理解に繋がります。下記から、oftenの語源を一緒に学んでいきましょう。

oftenの語源は中期英語の「oft」

oftenの語源は、恐らく中期英語の「oft」からきていると考えられています。この語源の拡張した形がoftenで、13世紀中期頃には「繰り返し、何度も何度も、多くの状況に置いて」という意味を表す言葉として活用されていました。

語源も現代のoftenの形に近く、意味も現代のものと似ているため覚えやすいですね。

oftenと意味が似ている単語

以上まで、oftenの意味や使い方、使用の際の注意点などについて詳しく解説してきました。最後に、oftenと意味が似ている単語、いわゆる類語を複数ご紹介します。

英語での会話の幅を拡げるために、積極的に類語を使用していくことは大変有効です。ぜひ、あなたもこちらでご紹介する類語をフル活用して、表現力豊かな会話を実現させてみてください。

generally

最初にご紹介する類語は、「普通は、大体、一般的に」などの意味を表す副詞「generally」です。oftenの「多くの場合、よくあることだが」の意味の類語として活用できます。

generallyを使った会話文例

Generally, I go to sleep early every night.
(大抵は毎晩早くに床に就きます。)
Sounds wonderful.
(それは素晴らしいですね。)

regularly

「定期的に、いつものように」という意味を表す副詞の「regularly」もoftenの類語として使用可能です。oftenを使用した際よりもより規則的に何かを行うというニュアンスになります。

regularlyを使った会話文例

I was regularly late for the train yesterday.
(私は昨日いつものように電車に遅れてしまったんです。)
That’s too bad!
(それは最悪ですね!)

usually

usuallyも副詞として「通常、通例、一般に」という意味を表し、oftenの類語として使用できます。usuallyはoftenよりも頻度が高い場合に使用するのが通例です。

usuallyを使った会話文例

I usually go to work by car.
(私は通常、車で仕事に行きます。)
Me too. I hate to commute by train!
(私もです。電車での通勤は嫌いです!)

まとめ

oftenは聞き慣れた単語だと感じる方も多いと思いすが、会話の中で適切に使いこなすとなるにはそれぞれの意味・使い方の違いをしっかり認識することが重要です。

ぜひあなたも、当記事内容を参考にoftenを色んな場面で使いこなしてみてください。

The following two tabs change content below.

リー 木嶋 実有紀

「英語を使って自分の視野をもっと広げたい!」との思いから、国際関係や異文化理解を学べる学科に進み、カナダの大学に一年間留学。日本で約4年間、公立小学校で英語を教える傍ら、個人英会話教室でも英語を教える。アメリカ人の夫との結婚を機に2014年に渡米。アメリカ・日本にお住いの方に英語レッスンを行う。英語学習歴は15年以上、教授歴は10年。「今からでもすぐに使える、実践的な内容」をお届けします。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー