ネイティブ相手に今日から使える!meanの意味と使い方

ペラペラ

英語を習っている方なら誰もが直面する壁があります。

英語には「ひとつの語句でさまざまな意味がある」ということです。

学生時代から苦労された方も多くいらっしゃるでしょう。

その中でも「mean」はネイティブも日常会話でよく使う重要な単語です。「mean」には多くの意味があり、それぞれが全く違う意味になります。

しかし、使う頻度の優先順位やお決まりのフレーズはもちろん存在します。

この記事では「mean」の正しい使い方を読み方や意味とともにご紹介し、よく使われるフレーズや使うときの注意点などをお伝えします。

とてもよく使われる単語なので、皆さんの大好きな映画やドラマ、洋楽にもたくさん出てきます。

洋楽の歌詞からの例文もご紹介しますので、この記事を読んで使うコツをおさえ、今日から早速にネイティブに使ってみてください。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

meanの意味

まずは「mean」の意味を確認していきましょう。よく使われる順番でご紹介します。

【動】意味する(mean)/【名】意味(meaning)

「【動】意味する(mean)/【名】意味(meaning)」は実際に最も使われている意味です。「It means…」で始まる例文はよく教科書にもでてきますね。

また、名詞になると「I don’t know the meaning of…」という形で使われることも多くあります。

会話の中で分からない語句を確認したり、会話の内容に食い違いがないかを確認したりする際にも使われますので、数ある「mean」意味の中で、まずはこちらをおさえておくことをオススメします。

サンプルフレーズ

It means~
(~という意味です)
What do you mean?
(言っている内容が)どういう意味?
What does it mean?
(それは)どういう意味?
I mean~
(~ということです/~という意味です)
You mean~?
(~ということ?/~という意味?)
What he meant is~
(彼が意味していたのは~(=こういう意味だった))
My wife means everything to me.
(妻は私にとってすべてです)
I don’t know the meaning of this word.
(この単語の意味がわかりません)
I mean it!
(本当だよ!(直訳:それを意味する=本当にそうである))

【動】するつもりである(mean to…)

「mean to~」で「~するつもり/予定である」という意味です。

サンプルフレーズ

I didn’t mean to break your heart.
(傷つけるつもりはなかった。)

ただし、「I was mean to you.」はbe動詞と文脈から「あなたに意地悪だった」となります。

【形】意地悪な / (良い、クールな)*スラング

意地悪という意味で使われることもあります。「be mean to someone」で「~に対して意地悪だ」となります。

サンプルフレーズ

Don’t be so mean!
(そんな意地悪いわないで!)
says mean things.
(意地悪なことを言う。)

【名】手段(means)

複数形で「手段」という意味になりますが、単数形として扱うややこしい名詞です。

「by all means」で「どんな手段を使っても」という使われ方をします。

サンプルフレーズ

a means of communication.
(コミュニケーション方法)
She tried to explain by means of sign language.
(彼女は手話(という手段)で説明しようとした。)
I’ll do it by all means!
(必ずやります!(直=どんな手を使ってもやる))

【形】平均

日常会話で「平均」として「mean」が出てくることは少ないかもしれません。「average」も同じく平均という意味ですが、「mean」はどちらかと言うと医療や天候などにおける平均値などを指す場合に使われることが多いです。

サンプルフレーズ

The mean temperature was 42℃ in Death Valley.
(デスバレーの平均気温は42度だった。)

meanの発音・読み方

[mean]は比較的日本人にも発音しやすく、アクセントの位置も分かりやすい単語です。

過去形/過去分詞はmeanにtを付けただけですが、読み方は「メント」となります。

現在
mean ーン[mí:n]
過去
meant ント[mént]
過去分詞
meant ント[mént]

meanの使い方と例文

ここまで、「mean」の意味、そして実際の発音と発話の際のポイントをまとめてきました。

しかし、ここまでの解説だけでは、「実際にこの言葉を使うにはどうしたら良いのだろう?」と疑問に思う方も多いと思います。

そこでここからは、「mean」の具体的な使い方を実際の例文を使用し、分かりやすく解説していきます。

meanの使い方

「meanの意味」部分でもご紹介しましたが、使い方を詳しくみていきましょう。

多すぎて覚えきれない!という方も、大丈夫です。丸暗記しなくても文脈で分かるようになります。例えば、数学的な話(平均値としてのmean)のときに急に意地悪な誰かの話はでてきにくいですよね。

そして、メインは「意味」として使うことが圧倒的に多いので、まずはそこからマスターしましょう。直訳を含めた詳しい解説も入れますので、詳しく知りたい方はご参考ください。

【意味の確認として】の使い方

It means a lot to me.
(私にとっては大切です。)

「直訳:自分にとっては、たくさんの意味がある」=大切、ということになります

What does it mean? や What do you mean?
(どういう意味ですか?)

とても便利なフレーズですが、あまりにも繰り返し使いすぎると会話が進まなくなりますのでご注意ください(日本語Ver.で想像してみてください…)。

What does ●●● mean?
(●●●ってなんて言う意味ですか?)

こちらは英語学習にも大変役に立つフレーズです。●●●に分からない単語を入れて質問すると、相手の方が他の英語で言い替えたり、意味を説明したりしてくれます。

意味を知りたいけど単語のスペルが分からなくて自分で調べられない…。そんなときにも、ぜひこの例文を使ってみてください。

例えば以下のように使ってみてはいかがでしょうか。

Excuse me, I have a question.  What does ●●● mean?(丁寧に)
Hey, I wanna ask you something. What does ●●● mean?(友達に)

※wanna= want toの口語

【前置きとして】の使い方

I mean, …
(えっと、あの、なんか、あっ、じゃなくて…)

これは、「直訳:私は~を意味する」=こういうことが言いたかった、つまりこうだ、というような意味になりますので、言い直しや前置きに使います。

ただし、使いすぎると挙動不審になってしまいますのでご注意ください。

【~するつもりのとき】の使い方

Oh, sorry! I didn’t mean to!
(あっゴメン、わざとじゃないよ!)

「直訳:するつもりではなかった」=偶然だよ、わざとじゃないよ、ということです。足を踏まれた時などは、許してあげましょう。

しかし、あからさまな意地悪をされた後にこう言われた場合、「He / She is so mean.」ですので、許さなくて大丈夫です。

We’re meant to be together.
(私たちは一緒になる運命なの。)

ロマンチックですね。受動態にすると「~と定められている / 決められている=運命」というような意味になります。洋楽の歌詞でよく見かけます。

【手段として】の使い方

Complete your mission by all means.
(どんな手を使ってでも任務を遂行しろ。)

「by all means」は「直訳:すべての手段によって」=どのような手を使ってでも、となります。

そこから派生して、アメリカでは何か頼まれたり誘われたりした際の返答として「By all means!」を使うと「ぜひとも!」という使われ方もします。

Transportation means
交通手段)
The family had no means of support.
(その家族に金銭的な援助はなかった。)

交通・コミュニケーション手段や「お金」としての使われ方もします。

【平均値として】の使い方

The mean temperature in Rikubetsu town during the winter was -20℃.
(冬の陸別町における平均気温はマイナス20度です。)

平均が…?寒すぎますね。このように気温や数値などの平均を示します。技術的な話や医療の現場で使われます。(例:重量、血圧など)

meanの例文

実際に使われている例文を見ていきましょう。

【意味として】の例文

♪Justin Bieberの”What Do You Mean?”より。

What do you mean?
(どういう意味?)
When you nod your head yes
(YESと頷くのに)
But you wanna* say no
(NOって言いたいだなんて)
What do you mean?
(どういうことなの?)

ジャスティン・ビーバーが乙女心に振り回されている曲ですね。世界共通の難しい乙女心が詰め込まれている曲です。

※wanna=want toの口語

♪Shawn Mendesの”If I Can’t Have You”より

I can’t write one song that’s not about you
(君についての歌詞しか思い浮かばない)
Can’t drink without thinkin’* about you
(酒を飲むときも君のことを考えてしまう)
Is it too late to tell you that
(伝えるのは遅すぎるかな)
Everything means nothing if I can’t have you?
(君が一緒にいてくれないとすべてが無意味だって)

ショーン・メンデスによる熱烈なラブソングです。とにもかくにも考えることは彼女のことばかりのようです。

ここで使われている「everything means nothing」は「直訳:すべてのことが何も意味しない」=すべて無意味、という意味になります。

※thinkin’=thinkingを短縮した口語

♪Ed Sheeran の“Dive”より

So don’t call me baby
(ベイビーなんて呼ばないで)
Unless you mean it
(そういうつもりじゃないなら)

エド・シーランは思わせぶりな女性に翻弄されていますね。ここで使われている「unless you mean it」は「直訳:それを意味しない限り=そういうつもりでないなら」というニュアンスです。

I mean it!
(ホントだよ!)

直訳で「私はそれを意味している」=本当に、となります。決意表明したいときにも使えます。Youで質問すると”Do you mean it?”「本当なんだね?」というニュアンスの念押しにもなります。

【前置きとして】の例文

補足するための前置き
Do you have my book? I mean, the one I lent you last week?
(いま私の本って持ってる?あの、先週貸したやつね。)

 

うっかりしたとき
She’s fat… I mean, plump.
(彼女は太っ…じゃなくて、ポッチャリしてるよね。)

 

このように、うっかり言い間違えをしてしまった際の言い直しにも使えます。言ってしまった内容を「take it back(=取り消し)」できるかどうかは時と場合によりますね。

【~するつもりのとき】の例文

♪Florida Georgia Line ft. Bebe Rexhaの”Meant To Be”より

If it’s meant to be, it’ll be, it’ll be
(もしそういう運命なら、そうなるだけ)
Baby, just let it be
(なるようになるよ、ベイビー)
決意表明に
I mean to quit smoking!
(俺、タバコ止めるわ!)
Oh yeah? But what are you holding in your hand?
(ふーん。手に持ってるのは?)
mean…this is the last one.  I mean it.
(えっと…最後のやつ。ホントだよ!)
Whatever.
(はいはい)

【意地悪なとき】の例文

♪Taylor Swiftの”Mean”より

Someday I’ll be big enough so you can’t hit me
(いつかあなたが叩けないくらい大きくなるの)
And all you’re ever gonna be is mean
(そうしたらあなたは意地悪い人になるだけ)
Why you gotta* be so mean?
(なぜそんな意地悪するの?)

どこにでもいる、いじめっ子の歌です。「you gotta to be so mean」=「直訳:意地悪でなければならない」=なんでそんなに意地悪なの?というニュアンスです。

*=have toの口語

【良い、クールな】の例文(※スラング)

What happened to them?
(あの子たちどうしたの?)
They’re arguing about which plays mean guitar; Clapton or Jeff Beck.
(超クールなギターを弾くのはどっちかでケンカしてる。クラプトンかジェフ・ベックで。)
Well, I’ll vote for JIMI HENDRIX.He is a God.
(ジミヘンに1票。神様だよ。)

【手段として】の例文

Lupin the Third escaped by means of a secret tunnel.
(ルパン三世は秘密のトンネルで(=という手段で)逃げた。)
Please come to our party by all means.
(ぜひとも(直訳:どんな方法を使っても)私たちのパーティーに来てください。)

【平均として】の例文

You need to calculate the mean value in this question.
(この問題では平均を求める必要がある。)

meanを使う際の注意点

日本語でも同様ですが、先ほどご紹介した例文も場面によっては失礼になってしまうことがあります。ネイティブの学生がよく使っている表現でも、彼らは使い時をしっかり分かっています。たとえ「I didn’t mean to…」だったとしても、失礼にあたるのは避けたいですよね。

ではどのような部分に気をつければよいでしょうか。例えば、自分の言っていることが相手にきちんと伝わっているか確認したいとき、

「Do you understand what I mean?」や

「Do you know what I mean?」を使うとしましょう。

残念ながら直訳通りに「私の言ってること理解できています?/分かってる?」というニュアンスでとられてしまいます。これは何となく日本語でも嫌味が混ざってそうですよね。

代わりに「Do I make sense?」を使うとよいかもしれません。

meanの間違った使い方

ここでは気をつけたいmeanの使い方をご紹介します。

間違った使い方の例その①

上から目線に聞こえてしまう表現
「You know what I mean?
(ね、分かるでしょ?)

カジュアルな表現なので上から目線に聞こえます。では、

「Do you understand what I mean?」や、

「Do you know what I mean?」はどうでしょうか。

残念ながら直訳通りに「私の言ってること理解できています?/分かってる?」というニュアンスでとられてしまいます。これは日本語でもどことなく嫌味が混ざってそうですよね。

もし自分の言っていることが相手にきちんと伝わっているか確認したいときは、代わりに

Do I make sense?
(伝わっていますか?)

を使うとよいかもしれません。

間違った使い方の例その②

mean to」の使い分け
  • She doesn’t mean to say it.
  • She was mean to you.

どちらも「mean to」を使っていますが意味はまったく異なります。be動詞があり「誰か」が続くのか、それとも動詞がくるのかでも判断することができます。

他にも、意地悪という意味でのmeanには「so」がつくことがよくあります。

Why you gotta be so mean?
(先ほどのTaylor Swiftの例文です)

間違った使い方の例その③

I mean~」を多用する

あまり賢くは聞こえません。日本語にも言えますが、前置き「あのー」「っていうか」「なんか」などを多用する人も子どもっぽくなってしまいます。

meanの語源

さて、さまざまな意味をもつmeanですが、実は語源もまったく異なっています。語源を知ることでその単語のイメージも沸きやすくなり、より頭に定着しやすくなりますのでご参考までに。

【動】意味する /【名】意味

古代の言葉でmēnen、運ぶという意味の語句から派生しています。

脳内の考えやプランを(頭の外に)運び出し意味をもたせたり実行するということです。

【形】平均

平均、として使われるmeanは諸説ありますが「medius, medium(中間、媒介)」という語句から派生しています。

これは日本語の「平均値」として考えてもイメージしやすいかと思います。ものごとの真ん中、というのが語源です。

【名】手段(means)

平均としての「mean」と同様、「medius, medium=中間、媒介」から来ています。

間に入って、媒介するもの→手段、となったようです。

【形】意地悪な / (良い、クールな)

意地悪な、として使われるmeanは「平均」からさらに派生したものです。一般的な、平凡な、という意味から始まり、平凡→重要ではない、つまらない、劣った…というように、どんどんネガティブな意味に変化してきました。

しかし、なぜそれが真逆の「良い、クールな」というスラングになっているのでしょうか。日本語にも悪い意味が転じて良い意味になった単語がありますが、すぐに思いつく方も多いでしょう。そうです、「ヤバい」という単語がありますね。

meanと意味が似ている単語

最後に、微妙なニュアンスの違いを知ってぜひ使えるようになりたい、「mean」に似ている単語(類語)をご紹介します。

それぞれの単語の意味とニュアンス、使い方の違いをしっかり理解して使い分ける意識をするだけで、英語でのアウトプットの質が格段に上がります。

「自分の本当に伝えたい事」にぴったり合った単語や表現を自分で選べるように、ぜひ参考にしてみてください。

average(平均)

averageは人間に対しても使います。

「average guy=平凡なヤツ」の一方で「mean guy=意地悪なヤツ」となり意味がかなり違ってきます。

intend to~(~するつもり)

「mean to~」と大きく意味は変わりませんが、「mean to~」の方がより口語的です。

cruel(意地悪な)やvicious(危険さも含む)

meanは性格の悪さを表すのによく使われます。

way(手段)

口語で一番使われるのは「way」ですが、meansは「目的を達成する手段」という意味が含まれています。

まとめ

meanは英語を話すうえで避けては通れない単語です。悪いという意味、普通という意味、良いという意味…それぞれがまったく違う意味で、その種類も豊富なので最初は戸惑うかもしれません。

しかし、使いこなせるようになれば会話の幅がぐっと広がりますし、「meanを使って意味を聞く」ことで語彙力も格段にレベルアップします。そうなると英語を話すのがさらに楽しくなることかと思います。

meanは文脈で判断できる場合も多いです。この記事を読んでmeanの意味、使い方を知っていただき早速ネイティブに使ってみていただけると幸いです。

「mean」が定着するまで、ドラマや洋楽から「mean」探しをするのも楽しく学べるのでオススメです。使えそうなフレーズがあれば自分のものにしてしまいましょう。

最後に会話例をご紹介します。たかが1分以内の会話にmeanをつめこんでみました。しつこい内容で現実的ではないですが、それぞれのmeanがどのような意味で使われているか見分けてみてください。

Am I being mean to you?

Sorry, I didn’t mean to hurt your feeling.
No excuse!  Why you gotta* be so mean to me?
No…actually, you mean a lot to me.
What…?  I don’t know what you mean.
Well, um…I like you.  I mean, love you.  By all means, will you go out with me baby?
Don’t call me baby, unless you mean it!
I mean it!
Show me that you mean it!
The following two tabs change content below.
金井 伸一

ディレクター・編集者(詳しいプロフィールを見る

「自分自身で体験したことを読者にわかりやすく伝える」ことを一番大切にし、英会話スクール運営会社の代表者、担当者へのインタビューをはじめ、30以上のサービスを取材。各サービスの良いところだけでなく、良くないところも含めて体験した者だからこそわかる情報を発信している。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー