ネイティブ相手に今日から使える!weirdの意味と使い方

ペラペラ

あなたは、「weird」という言葉を聞いたことがありますか?「奇妙な」という意味を持つ単語ですが、海外ドラマや映画内で耳にしたことがある方も多いでしょう。

しかし、この言葉をネイティブとの会話に使いこなすとなると、「自信がない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、「weird」の意味や使い方を具体的な例文を交えながら徹底解説していきます。発音や語源、類語についても学べます。

この記事を読めば、「「weird」に対する疑問が解消され、ネイティブとの会話にも自信が持てるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

weirdの意味

「weird」には以下のような意味があります。

  • ネガティブなニュアンスで「奇妙な」
  • 事象や行動が「奇妙な、変な」

また、weirdoで「変な人」といった意味で使うことができます。

weirdの発音・読み方

英単語を覚えるうえで発音はとても大切です。発音記号とアクセントを意識して読み方を覚えましょう。

weirdの発音記号

wɪrd

weirdの発音記号は、米国英語表記でwɪrdと表記します。

weirdの発音・読み方

「weird」の発音・読み方を日本語に分かりやすく直すと、「ウィヤードゥ」となります。

以下は発音する時のポイントです。

  • 「weí」の部分にアクセントをおいて発音しましょう。
  • 「r」の部分は口の中のどこにも当たらないように巻きましょう。
  • 「d」の部分はシンプルにdの発音(ドゥ)をしましょう。

weirdの使い方と例文

意味と発音が分かったところで使い方と例文を理解していきましょう。

weirdの使い方

行動や事象が「奇妙な、妙な、変な」というネガティブなニュアンスで使います。

例えば、奇妙な音が聞こえた、ある人の行動が変、などを指します。

ネガティブとの会話でもカジュアルに使われることが多いです。

weirdの例文

That boy is acting weird.
あの男の子の行動ヘンだよ。)
I heard weird sound, so I am scared.
奇妙な音を聞いたから、怖い。)
That fortune teller is weird.
(あの占い師は怪しい。)
Is it weird?
(それって変なことなの?)

会話形式での例文

That stingy man bought me a 20 dollar dinner.
(あのケチな男が20ドルのディナーを奢ってくれた。)
That’s weird.Is he scheming anything?
(それは変だね。何か企んでるんじゃない?)

また、人に対しては「変な人」という意味でweirdoを使います。

He’s weirdo.
(彼は変なやつだ。)

weirdを使う際の注意点

「妙な、変な」という意味で使われるweirdを使う際の注意点を説明していきます。

weirdの間違った使い方

基本的にweirdは口語で使うことが多いですが、ネガティブなニュアンスで使うので、上司など目上の方には使わないように気を付けましょう。

また、会議などフォーマルな場面での利用も控えましょう。

後述しますが、似た意味を持つ単語とのニュアンスの違いを理解してweirdを使いましょう。

weirdの語源

weirdを語源をみていくと古英語のwyrd(運命)にたどりつきます。

この語は主に名詞として用いられていましたが、1400年代に形容詞として「運命をつかさどる」という意味で使われるようになりました。

形容詞としては、シェイクスピアが『マクベス』において「weird sisters(魔女:運命の3女神)」を用いたことが影響を与えました。

後に「運命を司る」から「不可思議な,超自然的な」へと拡大し,さらに「奇妙な,風変わりな」へと発展していきました。

weirdと意味が似ている単語

ここまで、「weird」の意味や使い方を中心にお伝えしてきました。最後に、微妙なニュアンスの違いを知ってぜひ使えるようになりたい、「weird」に似ている単語(類語)をご紹介します。

それぞれの単語の意味とニュアンス、使い方の違いをしっかり理解して使い分ける意識をするだけで、英語でのアウトプットの質が格段に上がります。

「自分の本当に伝えたい事」にぴったり合った単語や表現を自分で選べるように、ぜひ参考にしてみてください。

weirdと意味が似ている単語①

strange

「strange」は「変な、不思議な」という意味で使われます。「weird」と似た意味を持ちますが、この2単語の意味の違いと使い分けについて紹介します。

カジュアルに使う「weird」に対して、「strange」はフォーマルなイメージという違いがあります。

weirdはネガティブなニュアンスなのに対して、strangeは「不思議な、見慣れない」何か意味ありげなニュアンスが含まれます。

strangeの例文

That’s strange phenomenon.
(それは不思議な現象だ。)
He has strange power.
(彼は不思議な力を持っている。)

※この例文でstrangeがweirdだとネガティブなイメージのpowerになってしまいます。

I had a strange dream yesterday.
(昨日変な夢を見た。)

※この例文でstrangeがweirdだとネガティブな夢を見たというニュアンスになってしまいます。

weirdと意味が似ている単語②

odd

米国ではweirdが使われ、英国ではoddが使われるという傾向があります。

「従来の状態や普段とは違って、異常・変な」ニュアンスで使います。

oddはweirdやstrangeよりニュアンスとして奇妙さが強まります。

oddの例文

It is odd that he didn’t eat lunch.
(彼がお昼ご飯を食べないなんて変だ。)
My friend is such an odd man.
(私の友達はかなり変な男だった。)
He has an odd habitat.
(彼は風変わりな習慣を持っている。)

weirdと意味が似ている単語③

bizarre

奇妙なという意味では似ていますが、bizarreは「不可解な、理解しがたい」というニュアンスを持っています。

weirdやstrangeと比べると使用頻度は低いです。

「奇妙な」コトに対して背景として「理解できない」というニュアンスが含まれています。

bizzareの例文

We are confused by his bizarre behavior.
(彼の奇妙な行動に私たちは困惑した。)
It seemed bizarre habitat to Japanese eyes.
(それは日本人の目には理解しがたい習慣だったようだ。)
I can’t understand her bizarre notion.
(私は彼女の妙な考え方を理解できない。)

weirdと意味が似ている単語④

unnatural

「unnatural」は他の類義語と違って置き換えはしにくいですが、似た意味をもつので、ニュアンスの違いをしっかりと理解しましょう。

「不自然、異常だ」という点でweirdと似た意味を持つ単語です。

違和感を感じるというニュアンスで使います。

unnaturalの例文

 He died an unnatural death.
(彼は死した。)
That’s an unnatural act.
(それは不自然な動きだ。)

まとめ

今回はweirdの意味や使い方について類義語の説明などを踏まえながら解説してきました。

weirdの語源や類義語の意味や使い方などを忘れてしまったり、理解が薄れてきた際はまたこの記事に戻ってきてください。

weirdはネガティブなニュアンスでカジュアルな場面に利用できます。

目上の人やフォーマルな場面での使用は控えて、ネイティブとの会話などでぜひ積極的に使ってみてください。

理解だけで終わらせずにどんどん実践として使ってweirdを自分の頭の中に定着させてください。

The following two tabs change content below.
金井 伸一

ディレクター・編集者(詳しいプロフィールを見る

「自分自身で体験したことを読者にわかりやすく伝える」ことを一番大切にし、英会話スクール運営会社の代表者、担当者へのインタビューをはじめ、30以上のサービスを取材。各サービスの良いところだけでなく、良くないところも含めて体験した者だからこそわかる情報を発信している。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー