ネイティブ相手に今日から使える!absolutelyの意味と使い方

ペラペラ

あなたは、「absolutely」という言葉を聞いたことがありますか?相手に強い同意を示す、または後にくる言葉を強調する働きのあるこの言葉を、海外ドラマや映画内で耳にしたことがある方も多いでしょう。

しかし、この言葉をネイティブとの会話に使いこなすとなると、「自信がない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、「absolutely」の意味や使い方を具体的な例文を交えながら徹底解説していきます。発音や語源、類語についても学べます。

この記事を読めば、「「absolutely」に対する疑問が解消され、ネイティブとの会話にも自信が持てるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

absolutelyの意味

「absolutely」には大きく分けて3つの意味があります。以下から、それぞれの意味とその使い方について詳しく解説していきます。

absolutelyの意味①

絶対的に、無条件に、きっぱりと

まず「absolutely」の1つ目の意味として挙げられるのが、「絶対的に、無条件に、きっぱりと」という意味です。

例えば日本語で「彼女はその誘いをきっぱりと断った。」と言いたい場合、この文中「きっぱりと」が英語の「absolutely」に当たります。

この例のように、1つ目の意味では「absolutely」が副詞として、動詞である「断る」を修飾します。言い換えると、「absolutely」が「彼女の断るという行為を詳しく説明する役割」を果たしています。

absolutelyの意味②

完全に、全く

2つ目の「absolutely」の意味として挙げられるのが、「完全に、全く」です。

例えば日本語で「それは全く素晴らしいね!」「全く正しいよ」と言いたい場合、文中「全く」に当たるのが「absolutely」です。

この意味で「absolutely」を使用する場合も、品詞は変わらず副詞です。しかし、この場合はこの言葉が「素晴らしい」「正しい」などの形容詞を修飾し、強調していることが分かります。

この意味・文脈で「absolutely」が使用される場合、その裏には話者の驚きや感嘆・感動の気持ちが隠されていることがほとんどです。

absolutelyの意味③

全くそのとおり、そうですとも

最後にご紹介する「「absolutely」は、「全くその通り、そうですとも」です。これは、相手の質問に対する賛同の意味を表す言葉としてネイティブの会話の中でもしばしば使用されます。

例えば日本語で「それは確かなの?」と相手に聞かれ、「そうですとも!」と答えたい場合、「そうですとも」の部分が「「absolutely」に当たります。

この言葉は、間投詞として一語で使用可能です。そのため、日常生活やビジネスのあらゆる場面で活用されています。

absolutelyの発音・読み方

ここからは、「absolutely」の発音と読み方をお伝えしていきます。

absolutelyの発音記号

æbsəlùːtli

米国英語の発音では、「absolutely」の発音記号は「æbsəlùːtli」となります。

absolutelyの発音と読み方

「absolutely」は、日本語に分かりやすく直すと「アブソルゥートリィ」という読み方になります。

発音のポイントは、最初の「a」と中ほどの「u」にアクセントを強く置くことです。特に「u」により強いアクセントを置くように留意し、「ルー」部分を強く発話すると上手くいきます。

アクセントのポイントを掴んで何度も発音の練習を重ね、リズム良くこの言葉が発話できるようにしておきましょう。

absolutelyの使い方と例文

ここまで「absolutely」という言葉の3つの基本的な意味、またその発音や発話の際のポイントについてまとめてきました。

しかし、これだけでは、「意味や発音の仕方は分かったけど、実際にどうやってこの言葉を使えば良いか分からない」という方がほとんどだと思います。

そこで、ここからは「absolutely」の具体的な使い方を、分かりやすい例文と会話文例を使って解説していきます。

absolutelyの使い方

「absolutely」は、副詞としてその後にくる動詞や形容詞を強調します。この場合、「きっぱりと」「完全に」と訳す場合がほとんどです。微妙なニュアンスの違いは会話の流れや前後の内容を基に判断します。

また、「absolutely」は一語で間投詞として使用される場合、「全くその通り!」「そうだとも!」など、相手に強い同意や賛同を表します。

absolutelyの例文

「absolutely」の使い方が掴めてきたところで、次はこの言葉を使った具体的な例文を学んでいきましょう。

ネイティブと英語で会話する際には、「自分で英文を組み立て、それを発話する」能力が求められます。

そのためにも、ぜひ以下でご紹介する例文や会話文例を参考にして、ご自身の実際の会話にも活かしてみてください。

absolutelyを使った例文①

I absolutely love this video!

「この動画、本当に好きだよ!」という意味です。

例えば、アメリカに住む友人から、

Hey, check this out! I think this guy is pretty cool!」
(ねぇ、これ見てみて!この人、すごくかっこいいよ!)

とメールやSNSで動画が送られてきたとします。

これに対し、「その動画を自分もとても気に入った」という気持ちを込めて、

I absolutely love this video!
(僕もこの動画、本当に好きだよ!)

と返事ができます。

このように「absolutely」を具体的な動詞の前に置くと、「本当に~(使用する動詞の意味)だ」とその言葉を強めることができます。

会話文例
Hey, check this out! I think this guy is pretty cool!
(ねぇ、これ見てみて!この人、すごくかっこいいよ!)
Wow! I absolutely love this video! Thanks for sharing!
(うわぁ!僕もこの動画、本当に好きだよ!シェアありがとう!)

absolutelyを使った例文②

You’re absolutely hilarious!

「君は本当におもしろいね!」という意味です。

この例文内は、「absolutely」が後にくる形容詞、「hilarious」を「本当に」という意味を伴って強調しています。

例えば、SNSのメッセージなどを通じて、相手が面白い話や写真・動画などをシェアしてくれた際などに、この例文を使って相手のセンスを褒めてみましょう。

会話文例
Yeah, I ended up not going back there anymore. Because I didn’t like what he said!
(結局そこにはもう戻らないことにしたんだ。彼が言ったことが気に入らなかったからね!)
Oh, for real? You’re absolutely hilarious!
(え、マジで?君は本当におもしろい奴だね!)

absolutelyを使った例文③

Absolutely!

最後にご紹介するのは、一語で使える「Absolutely!」です。これは、間投詞で「全くその通り!」また、文脈によっては「ぜひ!」や「もちろん!」という意味を表します。

例えば、相手に何か相談を持ち掛けられた後、「Do you think so?」(君もそう思う?)と相手の同意得たい友人に対して、この表現を使えます。

一語のみで使用できるので、とても便利な表現として重宝します。相手の発言や提案に対して、自分が乗り気であることを示したい場合に活用しましょう。

会話文例
If I were you, I would do the same thing.
(もし僕が君なら、同じことをすると思うよ。)
Do you think so?
(君もそう思う?)
Absolutely!
(もちろんだよ!)

absolutelyを使う際の注意点

副詞として後にくる言葉を強調したり、間投詞として一語で相手への同意や賛同をしたりなどに活用できる便利な言葉である「absolutely」ですが、間違った使い方や注意点もいくつかあります。

ここからは、特に注意したいこの言葉の間違った使い方や、使用する際の注意点について詳しく解説していきます。

間違った使い方と注意点①

否定文での使用

「absolutely」を否定文で使用する場合、その種類は全否定と部分否定に分かれ、それぞれで表す意味やニュアンスが全く変わってきます。

まず、全否定形の「absolutely not/no」は、「~だということは決してない、あり得ない」という意味を表します。「absolutely」が直後の「not」「no」を修飾しています。

この全否定形での「absolutely」を使った例文を挙げると、

You are absolutely not stupid!
(君がバカだなんて、あり得ない!)

などがあります。

「absolutely」がその後に続く否定事項全体を修飾し、その意味を強めると覚えておきましょう。

次に、「not/no absolutely」は、部分否定形として「完全に~というわけではない、~とは限らない」という意味を表します。これは、「not」「no」が「absolutely」の強い意味を弱める働きをしています。

この場合の例文を挙げると、

Hi is not absolutely rich.
(彼は完全にお金持ち、というわけではない。)

となります。

このように、否定を表す言葉と「absolutely」がどんな位置関係にあるかで、否定文の意味ニュアンスが全く変わってきます。「absolutely」を会話中に否定文で使用する際は、ぜひ注意するようにしてください。

間違った使い方と注意点②

間投詞としての多用

次に注意したいのが、「absolutely」の間投詞としての多用です。先述した通り、「absolutely」は一語で「全くその通り!」など相手に強い同意や賛同を表せる、便利な使い方が可能です。

しかし、この言葉は他の同じく間投詞として使用可能な類語に比べても、かなり意味が強いのが特徴です。そのため、この言葉を使用する際には相手に「自分の強い同意や賛同」を伝えることになります。

言い換えると、特に「absolutely」を間投詞として使用する場合は、自分が強い同意や賛同の気持ちを抱かないことに対しての使用は控えましょう。

相手に投げかけられた質問や意見を自分の中でしっかり咀嚼し、それに対する確実な自分の意思の表明をしたい場合に限って、適度に使用するようにしてみてください。

absolutelyの語源

英単語の語源を知ることで、その単語への理解が深まります。

また、一つの単語の中に含まれるそれぞれのパーツの意味が理解できると、その知識を新しい単語に出会った際に活用し、知らない単語の意味を自分で予測できるようにもなります。

これらのメリットを踏まえた上で、以下から「absolutely」の語源について学んでいきましょう。

absolutelyの語源①

abの意味

まず、「absolutely」の接頭辞「ab」には、「~から(from)」「~から離れて(away)」という意味があります。

この意味から、「ab」はこの言葉以下の言葉の意味に「離れている、外れている」という意味を加える働きがあることが分かります。

この接頭辞「ab」から始まる単語には、「abnormal(異常な)」、「abuse(乱用する)」などがあります。

absolutelyの語源②

soluteの意味

次に、「solute」は、語根の「solve(解く)」からきた言葉です。同じ語根を持つ他の単語には、例えば「dissolve(分解する)」、「resolve(解決する)」などがあります。

先述した「ab」の意味「~から離れて」と、「solute」の「解く」の意味を重ねると、「absolute」の意味は「解き放された(放たれた)」⇒「他とは完全に離れた」⇒「完全な、無条件な」という意味につながることが分かります。

「absolutely」の最後の「ly」は副詞を表す接尾辞なので、この形容詞「absolute」の意味「完全に、無条件な」に副詞の意味を持たせ「完全に、本当に」とすると、「absolutely」の意味になります。

absolutelyと意味が似ている単語

ここまで、「absolutely」の言葉の意味や使い方、語源などについて様々な角度から解説してきました。最後に、「absolutely」と意味が似ている単語(類語)をご紹介していきます。

ネイティブと英語で会話をする際に、使える言葉の選択肢を拡げておくことは、表現力豊かな会話を楽しむのに役立ちます。

ぜひ下記内容を参考にして、あなたも英語の語彙力アップに力を入れてみてください。

absolutelyと意味が似ている単語①

definitely

最初にご紹介するのは「definitely」です。この単語は「absolutely」と同じく品詞は副詞で、「明確に、はっきりと」という意味を表します。

この言葉は間投詞としてネイティブの間でも「もちろん!」などの意味で日常的に使われています。海外の映画やドラマで耳にたことのある方も多いでしょう。

「definitely」を使った会話の例

Do you want to come with us?
(君もぼくらと一緒に来たいかい?)
Yeah, definitely!
(うん、もちろんだよ!)

absolutelyと意味が似ている単語②

exactly

次にご紹介する単語は「exactly」です。この単語も副詞として使用され、意味は「正確に、その通りに」となります。

この単語も、間投詞として前の相手の発言の正確さを強調する目的で多用されます。相手がある特定の状況や誰かの心情などを言い当てた場合に、「その通り!」と使用してみましょう。

「exactly」を使った会話の例

Wait, are you saying you want to break up with me?
(待って、私と別れたいってこと?)
Exactly!
(その通り!)

absolutelyと意味が似ている単語③

totally

最後にご紹介する単語は「totally」です。これは、副詞で「全く、すっかり」という意味で使われます。

「absolutely」と同じく、かなり意味の強い言葉です。他の類語と同様、この言葉も一語で間投詞として「全くね!」という意味で使用できます。

「totally」を使った会話の例

So, do you think I’ll be fine if I go there by myself?
(そこに私一人で行っても大丈夫かなぁ?)
Oh, totally!
(うん、全くね!)

まとめ

この記事では、「absolutely」という言葉の意味や使い方について詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

否定文で使用する際や、一語で間投詞として使用する際には注意が必要ですが、相手への強い同意や賛同を表す言葉として、ネイティブとの会話にも活用できるのが「absolutely」です。

あなたもぜひこの記事内容を参考にしながら、「absolutely」や他類語を実際の英語での会話に活用してみてください。

The following two tabs change content below.
金井 伸一

ディレクター・編集者(詳しいプロフィールを見る

「自分自身で体験したことを読者にわかりやすく伝える」ことを一番大切にし、英会話スクール運営会社の代表者、担当者へのインタビューをはじめ、30以上のサービスを取材。各サービスの良いところだけでなく、良くないところも含めて体験した者だからこそわかる情報を発信している。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー