【めざせ発音力アップ!】英語の早口言葉15選

ペラペラ

英語で苦手意識を感じるのは、『発音』という人も多いのではないでしょうか。話せるようになっても、なかなか発音が上達しないと悩む人も多いですね。

そこで、苦手発音の簡単な問題解決方法として、今回は英語の早口言葉をご紹介します。

「え、 早口言葉?」と思うかもしれませんが、

  • 発音矯正の練習になる
  • 単語を覚えられる
  • 子供の遊び(幼稚園、小学校などで習う)

という理由で、英語学習初心者にはぴったりなのです。

簡単に始められる短いものから、長いものまで15個の早口言葉を準備しました。有名どころの早口言葉を一覧にしましたので、順番にチャレンジしてみて下さいね。

英語の早口言葉を練習する3つのコツ

日本語も英語も同じですが、早口言葉は小学生くらいの子どもたちが「ねぇねぇ、これ言える?」とゲーム感覚で言い合っているものです。3回繰り返して言うのが定番。                                         

ネイティブでも早口言葉を完璧に言える人はそう多くはいませんので、言えないことを恥ずかしがらずにチャレンジしてみましょう。

日本語の早口言葉もかなり難しですよね・・・「赤巻紙青巻紙黄巻紙」と言えない(笑)大人より子どもの方が上手だったりします。

英語の早口言葉を練習するコツは次の3つです。                                               

  • 意味は考えない(重要ではない) 
  • 深く考えすぎず、回数をこなして練習する
  • 発音(舌の動き)に注意しながらゆっくり始める

英語には日本語にない発音がたくさんあります。英語独特の音を意識してみると上達が早いです。正しく発音できてくると、あごが筋肉痛になります。

日本人が苦手と言われている発音の代表的なものは次のとおりです。                              

  • RとL
  • VとB
  • SとTH
  • AとU

早口で言うのは、さらに難しくなりますが、最初から完璧を目指さずに始めてみてください。

また、『ゆっくり言えるようになったら録音して聞いてみる』のはおすすめです。録音してみると、冷静に自分の発音を検証することができます。言えているようで実は全然言えていないことがよくありますので、ぜひ試してみて下さい。                                                   

ゲーム感覚で、正しい発音矯正をするツールとして、声を出して練習してみましょう。             

NOW YOU TRY!!

習うより慣れろ!短い〜長いものまで英語の早口有名どころ15選

Greek grapes.

【意味】ギリシャのぶどう
【発音記号】grik greɪps
【カナ読み】グリーク グレイプス

まずは、短くて簡単な早口言葉をご紹介します。『グ』と『ガ』が混ざったような音で発音します。日本語にはない音なので、丁寧に発音してみましょう。コツを掴めたら、どんどんスピードアップ!

 

Red leather, yellow leather.

【意味】赤い皮、黄色い皮
【発音記号】rɛd ˈlɛðər, ˈjɛloʊ ˈlɛðər
【カナ読み】レッドレザー イェローレザー

短い早口言葉ですが、少し難しくなります。日本人が苦手な「R」と「L」、「TH」の発音が含まれており、よい練習になります。

  • R:舌を巻いて上口につける
  • L:舌はつかない、日本語のラ行に近い
  • TH:舌を少し前歯にあて軽く噛むイメージ

 

Cheap ship trip.

【意味】安い船旅
【発音記号】ʧip ʃɪp trɪp
【カナ読み】チープシープトリップ

短くて簡単な口ずさみやすい早口言葉です。スピードを上げて3回連続にチャレンしてみましょう。リズミカルに発音するのがポイントです。

  • SH:口をすぼめて日本語の『シ』

 

Thin sticks, thick bricks.

【意味】薄い杖、分厚いレンガ
【発音記号】θɪn stɪks θɪk brɪks
【カナ読み】スィン スティックス シィク ブリックス

TH発音スタートが2連続なので、それこそ舌を噛んでしまいそうになりますね。少し難しいので、最初はゆっくり、確実に発音してみましょう。その後、少しずつスピードアップです。

  • TH:舌を少し前歯にあて軽く噛むイメージ
  • S:スィ

 

I saw a kitten eating a chicken in the kitchen.

【意味】こねこが台所でチキンを食べているのを見た。
【発音記号】aɪ sɔ ə ˈkɪtən ˈitɪŋ ə ˈʧɪkən ɪn ðə ˈkɪʧən
【カナ読み】アイソー ア キトゥン イーティング ア チキン インザ キチン

少しずつ長くなってきましたが・・・ついてこれていますか? 少し難しく感じるかもしれませんが、音が面白くてクセになりそうな早口言葉です。

Kittenは『子猫』という意味です。Kittyともいいます。Tは重なりますが、音が消えますので、Tひとつ分の発音でOKです。

 

She sells seashells by the seashore.

【意味】彼女は海岸近くで貝殻を売っています。
【発音記号】ʃi sɛlz ˈsiˌʃɛlz baɪ ðə ˈsiˌʃɔr
【カナ読み】シー セルズ シーシェルズ バイ ザ シーショア

SとSHの発音が交互に入っていて、見かけよりも密かに発音しにくい早口言葉です。中学の時に英語の授業で習ったような記憶があります。

  • SH:口をすぼめながら、日本語の『シ』のイメージ
  • S:『スィ』は口を横に広げるイメージ。

 

I scream, you scream. We all scream for ice cream.

【意味】私は叫ぶ、あなたは叫ぶ。 みんなは叫ぶ、アイスクリームを求めて。
【発音記号】aɪ skrim jʊ skrim wi ɔl skrim fər aɪs krim
【カナ読み】アイ スクリーム ユースクリーム ウィーオールスクリーム フォー アイスクリーム

面白い早口言葉ですね。アイスクリームのために叫びたくなる気持ち、とても分かります(笑)

“I scream”と“ice cream”の音節に注意しましょう。「アイ スクリーム」「アイス クリーム」分かっちゃいるけど、口に出すと難しいですね。

 

Lucky rabbits like to cause a ruckus.
                           

【意味】幸運なウサギは、騒ぎを起こすのが好きだ。
【発音記号】lʌki ræbəts laɪk tə kɑz ə rʌkəs
【カナ読み】ラッキー ラビッツ ライク トゥ コーズ ア ラカス

LとRが交互に入ります。最初はゆっくり丁寧に発音の違いを確認しながらチャレンジしてみましょう。

  • “ruckus”は『騒動』という意味。

 

Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
 

【意味】ピーターパイパーは、1ペックの唐辛子の漬物を拾った。
【発音記号】pitər paɪpər pɪkt ə pɛk əv pɪkəld pɛpərz
【カナ読み】ピーターパイパー ピックド ア ペック オブ ピックルド ペッパーズ

とても有名な英語の早口言葉です。Pの発音は、両唇をつぼめて息を吐くイメージで、少し強めに発音するといいでしょう。

1ペック=体積の単位(13.23リットル)です。ものすごい量の唐辛子の漬物(笑)。見るだけで辛くて涙が出てきそうですね。

 

Fred’s friend found five funny frogs from France.
 

【意味】フレッドの友人は、面白いフランスのカエルを見つけた。
【発音記号】frɛdz frɛnd faʊnd faɪv ˈfʌni frɑgz frəm fræns
【カナ読み】フレッズ フレンド ファウンド ファイブ ファニー フロッグス フローム フランス

F始まりの単語がひたすら続く、修行のような難しい早口言葉です。Fの発音も日本語にはない、苦手発音のひとつです。発音のコツは唇を噛まず、上の歯が下唇に軽くふれる感じです。意識しすぎると、本当に唇を噛んでしまうので、気をつけてくださいね。

 

Brown bees buzzed busily beside the bluebells.
 

【意味】茶色いミツバチたちが、ツリガネスイセンのそばで、忙しそうにブンブン飛んでいた。
【発音記号】braʊn biz bʌzd bɪzəli bɪsaɪd ðə bluˌbɛlz
【カナ読み】ブラウン ビーズ バズド ビジリィ ビサイド ザ ブルーベルズ

Bの発音が続く早口言葉です。Bは日本語の「バビブベボ」と同じ。比較的簡単でマスターしやすいですね。RとLが混ざっているので、しっかり違いを出して発音してみましょう。

 

You know New York, you need New York, you know you need unique New York.
 

【意味】君はニューヨークを知っている、君にはニューヨークが必要だ、君はユニークなニューヨークが必要だと知っている。
【発音記号】junik nu jɔrk jʊ nid nu jɔrk jʊ noʊ jʊ nid junik nu jɔrk
【カナ読み】ユーノーニューヨーク ユー ニード ニューヨーク ユーノーユーニード ユニーク ニューヨーク

“You know New York” は口をすぼめて発音しますが、次 “you need New York”の“need”で口を横に広げ、最後に ”you know you need unique New York.”で口をすぼめたり、横に広げたりの動きが混ざります。

口周りが疲れるような、筋トレ風早口言葉のようですね。Uniqueの“q”は喉の奥から音を出すイメージで発音してみましょう。

 

Sam’s shop stocks short spotted socks.
 

【意味】サムの店には、まだら模様の短い靴下の在庫がある。
【発音記号】sæmz ʃɑp stɑks ʃɔrt spɑtəd sɑks
【カナ読み】サムズ ショップ ストックス ショート ストップド ソックス

そんなに難しい発音ではないのですが、意外に言いづらい早口言葉です。 

最初は3つに分けて: Sam’s shop /stocks short/ spotted socks. 

次は2つに分けて:Sam’s shop stocks / short spotted socks.

と、少しずつステップアップすると、スラスラと言えそうですよ。

 

If two witches were watching two watches, which witch would watch which watch?
 

【意味】もし、2人の魔女が時計を見ていたら、どちらの魔女がどちらの時計を見るだろう?
【発音記号】ɪf tu wɪʧəz wər wɑʧɪŋ tu wɑʧəz, wɪʧ wɪʧ wəd wɑʧ wɪʧ wɑʧ
【カナ読み】イフ トゥ ウィッチズ ワー ワッチング トゥ ワッチズ ウィッチ ウイッチ ウッド ワッチ ウィッチ ワッチ

発音の面白さを楽しめる早口言葉です。長くて少しトリッキー(tricky:難しい)ですが、面白いので、練習しているうちに言えるようになりそうです。 

 

How much wood would a woodchuck chuck if a woodchuck could chuck wood?
                                                       

【意味】もし木を投げられるとしたら、ウッドチャックは何本の木を投げられるだろう?
【発音記号】haʊ mʌʧ wʊd wəd ə wʊdˌʧʌk ʧʌk ɪf ə wʊdˌʧʌk kəd ʧʌk wʊd
【カナ読み】ハウ マッチ ウッド ウッド ア ウッドチャック チャック イフ ア ウッドチャック クッド チャック ウッド

なんとも不思議な早口言葉で、クセになってしまいそうですね。「ウッドチャック」というのは、ネズミ属リス科マーモット属の動物です(リスっぽい外見)。

また、動詞“chuck” は「放り投げる」という意味があります(日本語のチャック(ファスナー)ではありません)。wouldとwoodは全く同じ発音でOKです。

  • W: 頭の前に音を出すイメージ
  • C: 喉の奥から出すイメージ

まとめ

今回は発音力アップのために、英語の早口言葉15個を短いものから長いものまでご紹介しました。

英語の早口言葉を練習するコツは次の3つでしたね。

  • 意味は考えない(重要ではない)
  • 深く考えすぎず、回数をこなして練習する
  • 発音(舌の動き)に注意しながらゆっくり始める

苦手な発音を楽しみながら克服してみましょう! 発音力アップ間違いなしです。

Practice makes parfect!
(習うより慣れろ)                                                                                             

The following two tabs change content below.
中村香代

英語落ちこぼれ中学時代を過ごしました。「魔女の宅急便」に憧れて「外国に住みたい!」と思うようになり、高校時代は英語を猛勉強。その後アメリカ ウィスコンシン州に留学。商社、メーカーでの貿易業を経てライターに。微妙なニュアンスやイメージが分かりやすい記事をお届けします。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー