1分でわかる!JobとWorkの違いと正しい使い方

2019年10月2日

ペラペラ

アイキャッチ

相手の職業を聞く際、英語初心者であれば「what is your work?」、中級者であれば「What is your Job?」と聞く人が多く見られます。

文法的には間違ってないですし意味は伝わりますが、この表現は、ネイティブは使いません。なぜならこれをネイティブが聞くと、非常に直接的でとても不器用な言い方に聞こえるからです。

例えるなら、日本語で「仕事はなに?」といきなり聞かれた感じで、事務的に上から質問されている感覚になり、嫌な顔をされてしまいます。

これは、日本人が外国人の表現の仕方を理解せず、日本語の表現をそのまま英訳して会話に使っていることが原因です。

今回は、そんな日本人が間違いやすい「Work」と「Job」の違いについて説明するとともに、正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

また、「Work」と「Job」以外にも英語で“仕事”という単語に似ている表現についてもお話ししていきます。

JobとWorkの違い

違いについて悩む女性のイメージ画像

Jobは名詞として使われており、「仕事内容」「一つ一つの作業」「ポジション」のことを表します。例えば、教師・医者・秘書などのように職業や職種を特定する場合に使われる単語です。

また、基本的に「お金が発生するもの」に使われます。

一方でWorkは動詞と名詞のどちらにも使われており、「働く」という“行動”全体のことを表します。

働く場所について聞く場合や、「何かをする」という意味での活動全般を表す場合に使います。

Jobの使い方

Jobの使い方について、例文を使って説明します。

「あなたの仕事はなんですか?」

What is your Job
I am a doctor.(私は医者です。)

「私は新しい仕事を見つけました」

I’ve found a new Job.

「私は、自分の仕事が好きです」

I like my Job.

workの使い方

Workの使い方について、例文を使って説明します。

「仕事に行きます」

I’m going to work.

「職場はどこですか?」

Where do you work

「今日はやらなければならない仕事がたくさんある」

I have a lot of work to do today.

どうやって感覚を掴めばいいか?

「Job」と「Work」の感覚の掴み方として相応しい例文があります。

I work hard to get a job.

この英文の意味は「仕事に就く為に頑張って動いている。」です。

一つの文章に“仕事”という単語が二つ入っていますが、この場合workは「(見つけるために)動いている」となり、Jobは「仕事(を)」という意味になります。

理解度チェックテスト

テストのイメージ画像

それではここで、JobとWorkを正しい使い分けることが出来るか、いくつかテストをしましょう。

以下の英文の(カッコ)の中にはJobかWorkのどちからが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. His ( )is cook.
    彼は料理人です。
  2. Do you like your( )?
    あなたは、自分の仕事は好きですか?
  3. I have( )that day.
    その日は、仕事があります。
  4. I have ( )to do around the house.
    家のことでやることあります。
  5. I am looking for( ).
    私は仕事を探しています。

「仕事」を表すその他の英単語

「仕事」を表す英単語はJobとWork以外にもあります。それらの英単語がどのように使用されるのか、例文を使って紹介します。

Career

Careerは、長い期間で訓練と成長が必要な仕事、職歴、履歴といった意味です。以下のように使われます。

I’ts for him to decide which career to pursue.(どんな職業を目指すかは、彼が決めることです。)
He has had a magnificent career.(彼は素晴らしい経歴を持っている。)
He made a career for himself.(彼は自力で出世しました。)

Business

Businessは、事業、事業内容といった意味です。以下のように使われます。

He is away on a business trip.(彼は出張中です。)
Running a business is no easy task.(商売をすることは簡単ではない。)

Occupation

Occupationは、職業、業務(公的機関の書類で用いられることが多い)といった意味です。以下のように使われます。

He is a doctor by occupation.(彼の職業は、医者です。)
It is a dangerous occupation.(それは危険な仕事です。)

Vocation

Vocationは、天職や適職といった意味です。以下のように使われます。

Find one’s vocation.(天職を見つける。)
You have a vocation for teaching.(あなたは教職に向いている。)

Task

Taskは、仕事の中で割り当てられる一つ一つの作業のことを意味します。以下のように使われます。

Please concentrate on the task at hand.(目の前の仕事に集中して下さい。)
This task is essential.(この仕事は非常に重要です。)

Labor

Laborは、(肉体的な、精神的な)労働を意味します。以下のように使われます。

He does manual labor on a construction site.(彼は建設現場で肉体労働をします。)
She going into labor.(彼女の陣痛が始まった。)

Employment

Employmentは、雇用関係に基づく“労働”を意味します。以下のように使われます。

He guaranteed regular employment to their workers.(彼は労働者に常時雇用を保証した。)
She is looking for employment.(彼女は求職をしている。)
She is in charge of employment.(彼女は採用担当です。)

Profession

Professionは、(専門的の高い知識が必要な)職業のことを意味します。以下のように使われます。

She is a dentist by Profession.(彼女の職業は歯医者です。)
Her mother is in one of the professions,such as law or medicine.(彼女の母は、弁護士や医師のような専門職の人です。)

まとめ

今回はworkとJobの違いやそれ以外の“仕事”という意味の単語や使い方についてもご紹介してきました。

英語を学んでいると、英語表現の難しさを痛感することあると思います。文法上間違ってないし、直訳すると間違っていない表現でも、使うシチュエーションによって相応しくない場合があります。

また、ネイティブに誤解を招いてしまうこともあります。そのようにならない為には、同じ意味の単語があってもそれぞれの正しい使い方をしっかり理解して使うことが大切です。

テストの答え

  1. Job(料理人は”職業“です)
  2. Job(やっていることではなく、“職業”に対して好きなのかを聞いている)
  3. Work(“働く”そのものを言っている)
  4. Work(抽象的な意味でのやるべきことを言っている)
  5. Job(“職業”を探している)
The following two tabs change content below.
ティナ

ティナ

フィリピン人の父と日本人の母を持つハーフです。10歳までフィリピンで過ごし、英語と日本語のバイリンガルです。英語学習に役立つ記事をお届けします。