ネイティブ相手に今日から使える!thanksの意味と使い方

ペラペラ

thanksは、ネイティブ同士の会話の中でもよく使用される表現として知られています。海外ドラマ・映画の中のセリフで耳にしたことがあるという方も多いでしょう。

今回は、そんな馴染み部会表現であるthanksの意味や使い方について解説していきます。記事後半では、使用の際の注意点や語源、類語も学べる構成です。

この記事を読めば、今まで何となく感覚で確信なく使用していたthanksという表現を、自信を持って使用できるようになるでしょう。

ぜひチェックしてみてください。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

thanksの意味

thanksは、文法上の形として、まず主語が三人称単数の場合に動詞のthankに三単現のsがついた形、次に名詞のthankに複数のsがついた形が存在します。

最初の例である動詞に三単現のsがついた形で使用するのはごく稀で、ほとんどは後者の名詞に複数のsがついた形で使用されます。

今回は、thankに複数のsがついた際に表す意味をご紹介します。

ありがとう

名詞のthankに複数のsをつけた形であるthanksは、「ありがとう」という意味を表します。ビジネスメールや感謝の言葉を綴るメッセージカードなどでも、最後にこの言葉でメッセージを締めることが多々あります。

例えば、「本当にありがとう」、「お疲れ様」などもこのthanksを使用して表現可能です。また、「結構です」と英語で相手からの提案を断る際にも、thanksを活用できます。

thanksの発音・読み方

それでは以下から、thanksの発音と読み方を確認していきましょう。

thanksの発音記号

θæŋks

発音記号にすると、thanksは「θæŋks」と表記されます。

thanksの発音・読み方

thanksの発音・読み方は、日本語で「サァンクス」となります。

まず、最初の「θǽ」の部分は、「θ」を舌先を上前歯で軽く噛むようにして当て、その隙間から「ス」という音を」意識して出します。「ǽ」の音は日本語のアとエの中間の音を意識し、両頬を左右に引っ張りながら口を横に引き、「ア」と発音します。この2つを合わせて、「サァ」の」音にします。

次に、「ŋ」は舌の後ろの部分を上げ、それを上あごの奥に付け、一瞬息を止めます。それから鼻を通すようにして「ン」と発音します。

「k」の音は、舌の後ろの部分を上げ、それを上あごの奥に付け、一瞬息を止めます。そこから急に舌を離して、「クッ」と音を出します。

最後に「s」は、舌先を前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出すようにして発音します。

thanksの発音は、特にθǽ、k、sの音が日本語と大きく異なる音であるため、正しい発音ができるようになるまでには、繰り返し練習が必要です。

ぜひ上記の発音のポイントを参考に、練習を重ねてみてください。

thanksの使い方と例文

以上まで、thanksの意味と発音のポイントについてご紹介してきました。

以下から、まずはthanksの使い方を整理する際のポイントについてまとめた後、実際の例文の解説をしていきます。

thanksの使い方

thanksは、thankの名詞の複数形として使用する際はいつでも、その基本的な意味である「ありがとう」という意味が変わることはありません。

このため、その基本的な意味を念頭に置きながら、この表現が使用される具体的なシチュエーションごとにその意味と使い方を整理していくのがおすすめです。

thanksの例文

早速以下から、具体的なシチュエーションごとに分かれた例文解説を行っていきます。中には、日本語だけに囚われていると、なかなか英語にしずらいと感じるものも含まれているはずです。

thanksの持つ「ありがとう」という基本的な意味を思い出しながら、以下の例文をチェックしてみましょう。新たな表現もより具体的な例文の形で覚えておくと、実際の会話で応用できるチャンスが高まります。

ぜひあなたも参考にしてみてください。

thanksを使った例文①

Thanks for your call.

最初にご紹介するのは、「電話をありがとう」という意味の例文です。文字通り、相手からの電話に対して感謝の意を表す際に使用します。

for以下に、例えばyour email(Eメール), your text(スマホ・携帯からのメッセージ)などを使用すると、それぞれのツールに合わせて活用することが可能です。

また、感謝の気持ちをもっと込めたい場合は、「Thanks a lot for~」の形にすると、「~を本当にありがとう」という意味にもできます。

この例文は、仲の良い友人、ビジネスでやり取りする人に対してなど幅広く活用可能です。

会話文例
Thanks for your call, Jamie.
(電話をありがとう、ジェイミー。)
No problem. I just wanted to share the updates on our project.
(問題ないですよ。我々のプロジェクトにおける進展をシェアしておきたかったんです。)

thanksを使った例文②

Thanks for your hard work.

次にご紹介するのは、「お疲れ様」という意味の例文です。厳密に直訳すると、「あなたの一生懸命な働きをありがとう」となります。

アメリカを含む欧米諸国では、日本のように毎度仕事帰りに「お疲れ様」と言って別れるという慣習自体がありません。

そのため、この例文も、意訳的には日本語で言うところの「お疲れ様」となりますが、ネイティブに使用する際は特に仕事が忙しかった日、相手の働きぶりを評価したい時などに限定して使用するのをおすすめします。

ちなみに、この表現に似た表現で、「Thanks for your meal.」があります。直訳は「あなたの食事をありがとう」ですが、より日本語的に意訳すると「ご馳走様です」となります。この表現は、誰かの家に招かれて食事を振る舞ってもらった際などによく使われます。

これらの表現は、日本語から直に英語にしようとすると、なかなか良い表現が出てこないでしょう。その表現を使って、相手にどんな意味を伝えたいのか?という視点を持って英語にすると、Thanks for~を使った表現がしっくり来ることに気づけます。

会話文例
Thanks for your hard work today.
(今日はお疲れ様。)
My pleasure, boss. It was a bit tough, but I learned a lot.
(とんでもないです、ボス。ちょっと大変でしたが、多くを学びました。)

thanksを使った例文③

No thanks.

最後にご紹介するのは、「結構です、要りません」という意味を表す例文です。こちらの表現も日常会話でよく使用します。実は、「No thank you.」と使用すると、丁寧すぎて逆に嫌味に聞こえる、響きが強すぎるという印象を与えてしまうことがあります。

例えばお店やレストランなどで相手の好意から提案を受けそれを断る場合は、ぜひ「No thanks.」を活用してみてください。

会話文例
Would you like to have more coffee?
(コーヒーをもう少し召し上がりますか?)
No thanks. But could I have more water instead?
(大丈夫です。代わりにお水を頂けますか?)

thanksを使う際の注意点

Thanksを使用する際、Thank youとの違いを理解しておくことが重要です。以下から、

この点について詳しく解説していきます。

ThanksはThank youよりもよりカジュアル

基本的にThanksは、Thank you よりもよりカジュアルな響きがあります。それぞれの日本語での意味で比較すると、前者が「ありがとう」、後者は「ありがとうございます」というイメージです。

日本語での違いからも分かる通り、英語でも感謝を表すという同じ目的を持つそれぞれの表現も、少し形が違うだけでニュアンスが異なります。

先述した3つ目の例文の解説でも少し触れましたが、欧米諸国、特にアメリカではよりカジュアルなコミュニケーションの方が親しみを感じられるため好まれる傾向にあります。

もちろん、例外は存在しますが、アメリカに限って言えば、ある程度関係が深まった相手に対してはよりカジュアルなThanksを使用する方が適当と言えるでしょう。

日本人にとっては、とにかく丁寧で礼儀正しい表現を使う方が相手にとっても良いと思えても、相手の文化によってはそれが逆と捉えられることは多々あります。ぜひ状況ごとにどの程度のカジュアルさ、丁寧さが適当かを判断できるようにしましょう。

thanksの語源

語源を知ることは、その単語や表現へのより深い理解を助けます。以下から、thanksの語源について学んでいきましょう。

thanksの語源は古英語「þanc」、「þonc」

thanksは、13世紀中期からthankの複数形として使用されていました。このthankの語源は、古英語の「 þanc」、「þonc」とされています。

これらの語源は、副次的な意味として現代のthanksが持つ意味にも近い、「感謝、感謝する心」などの意味を持っていました。

語源の綴り自体はthanksとかなり離れていますが、意味は近いものがあったという点がとてもおもしろいですね。長い時をかけて変遷を繰り返してきたことが伺えます。

thanksと意味が似ている単語

ここまで、thanksの意味や使い方、使用の際の注意点について解説してきました。最後に、thanksと意味が似ている単語、類語をいくつかご紹介します。

より表現力豊かな会話を楽しむという点でも、できるだけ語彙を増やす努力をしておくというのは非常に有効です。

ぜひ以下の内容を参考にして、あなたも語彙力UPを目指してみてください。

thankful

最初にご紹介するのは、類語の「thankful」です。形容詞・名詞として「感謝をして、有難く思って、嬉しく思って、感謝」という意味を表します。

thanksと比べるとかなり丁寧さが増しますが、相手に丁寧に自分の感謝の気持ちを表したい際に活用できます。

thankfulを使った会話文例

I’m thankful to you for your great work.
(あなたの素晴らしい仕事に感謝いたしております。)
Oh I did nothing. Thanks for giving me a great opportunity.
(私は何もしていません。私に素晴らしい機会を与えてくださり感謝します。)

grateful

次にご紹介するのは、形容詞として「感謝して、有難く思って、謝意を表す」などの意味を持つ「grateful」です。この類語もthanksに比べると若干丁寧さが増します。

gratefulを使った会話文例

I think she’ll be grateful to know that.
(彼女はそれを知ったらとても有難いと感じると思うよ。)
I agree. It seems like she doesn’t realize how lucky she is yet.
(そうだね。彼女はまだ自分だどんなにラッキーか気付いてないようだ。)

appreciate

最後にご紹介する類語は、動詞で「人の行為などを有難く思う、感謝する」という意味を表す「appreciate」です。

先に挙げた類語と同様、この類語もthanksと比べると丁寧さが増します。appreciateは、特にビジネスで相手に丁寧に謝辞を表したい場合、またより公式な場で改めて相手に謝辞を表したい場合によく使用されます。

appreciateを使った文例

I greatly appreciate your support.
(本当になたの支援に感謝を申し上げます。)
I’m glad I could help your business.
(あなたのビジネスをお助けできて良かったです。)

まとめ

いかがでしたか?Thanksは、日常会話でも本当によく使用される表現です。相手に感謝の気持ちを表すというのは、国や言語が違っても人と人と繋げる普遍的価値を持っています。

あなたも、当記事内容を参考に、ぜひ色んな場面でThanksを使って感謝の気持ちを表現してみましょう。

The following two tabs change content below.
リー 木嶋 実有紀

リー 木嶋 実有紀

「英語を使って自分の視野をもっと広げたい!」との思いから、国際関係や異文化理解を学べる学科に進み、カナダの大学に一年間留学。日本で約4年間、公立小学校で英語を教える傍ら、個人英会話教室でも英語を教える。アメリカ人の夫との結婚を機に2014年に渡米。アメリカ・日本にお住いの方に英語レッスンを行う。英語学習歴は15年以上、教授歴は10年。「今からでもすぐに使える、実践的な内容」をお届けします。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー