ネイティブ相手に今日から使える!prettyの意味と使い方

ペラペラ

prettyは、実は複数の品詞、そして私達が知っているよりも幅広い意味を持つ単語です。今まで、ネイティブとの会話の中で何度も耳にしたことがある方も多いでしょう。

今回の記事では、そんなprettyの意味や使い方を詳しく解説していきます。意味と使い方以外にも、発音や使用の際のポイント、類語まで学べる濃い内容です。

この単語をもっと実践的に活用していきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

prettyの意味

prettyは、形容詞で使用するイメージが強い方が多いと思いますが、実は副詞、動詞としての意味もあります。形容詞には大きく分けて5つ、副詞、動詞には1つの意味があります。

下記から、それぞれの意味を順番に解説していきます。

かわいらしい、かれんな

prettyの形容詞の意味として最初にご紹介するのは、「かわいらしい、かれんな」という意味です。prettyの意味は?と聞かれた際に、最初にこの意味が頭に思い浮かぶ方も多いでしょう。

この意味で使用する場合、対象とするのは子供や女性、小さなものなどです。美しいというより、何かを見聞きした上でかわいいと感じるものを描写する際に使用します。

例えば、「彼女はとてもかわいらしい子供でした」という例文内、「かわいらしい」がprettyにあたります。

きれいな、こぎれいな

次にご紹介するのは、prettyの形容詞としての意味、「きれいな、こぎれいな」です。この意味で使用する場合、対象とするのは人ではなく、場所やものです。描写の対象が変わると、同じ単語でも意味が変化しますので注意してください。

例えば、「その家族はその都市でこぎれいな家に住んでいます」内、「こぎれいな」の部分をprettyが表します。

見事な、うまい

prettyには、形容詞として「見事な、うまい」という意味もあります。例えば、「彼は見事な音楽を演奏します」という文章内、「見事な」がprettyを使って表現されます。

とんでもない、ひどい

prettyを限定用法の形容詞で使用すると、「とんでもない、ひどい」という意味になります。他形容詞の意味と比べると汎用性は高くないですが、まれに使用されることがありますので、頭の片隅にこの意味も入れておきましょう。

例えば、「事態はとんでもないことになってしまった」内、「とんでもない」の部分でprettyを活用します。

かなり大きな

形容詞の意味の最後としてご紹介するのは、「かなり大きな」です。この意味での使用は基本的には口語のみで、限定用法の形容詞として数量・範囲などの規模を表す場合に使用します。

例えば、「このせいで彼女はかなりのお金がかかってしまうでしょう」という表現内、「かなりの」の部分にprettyを置きます。

かなり、相当、ずいぶん、非常に

prettyには、副詞の意味として「かなり、相当、ずいぶん、非常に」という意味があります。実は、この副詞としての意味はネイティブ同士の会話でも非常によく登場します。

例えば、「昨夜はかなり寒かったです」内、「かなり」の部分でpettyを活用しましょう。prettyをこの意味で使えるようになるだけでも、かなり英語の響きがネイティブライクになります。

~を美しく、きれいにする

最後にご紹介するのは、prettyの動詞としての意味、「~を美しく、きれいにする」です。他品詞や意味と比べると汎用性は低いですが、稀に目にすることもあるので、余裕がある方は覚えておきましょう。

この意味で使用する際、通常、「pretty +目的語 +up」の形で使用します。例えば、「彼は先週その家を美しくしました」という表現内、「その家を美しくしました」の部分でこの形と意味を活用しましょう。

prettyの発音・読み方

それでは以下から、prettyの発音と読み方を確認していきましょう。

prettyの発音記号

príti

発音記号にすると、prettyは「príti」と表記されます。

prettyの発音・読み方

prettyの発音・読み方は、日本語で「プリィティ」となります。

まず、最初の「p」は唇を閉じて一瞬息を止め、その状態から勢いよく唇を破裂させるようにして「プッ」と発音します。

次に「ri」の音は、まず舌先を内側に巻き、口のどの部分にも触れないまま日本語の「ル」の音を意識して発音します。

「i」の部分は日本語のエとイの中間の音を意識し、これらを同時に言うように「イ」と発音します。これら2つの音を組み合わせると、「リィ」となります。

最後に、「ti」はまず舌先を前歯のすぐ裏の歯茎につけ、息を一瞬止めてから勢いよく音を破裂させるようにして「トゥ」と発音します。これが、「t」の音です。

「i」を先ほどと同じ手順で「イ」と発音し、これらを組み合わせると「ティ」となります。

prettyの発音は、解説してきた通り、基本的には日本語にない音で構成されています。

まずは、日本語に近い音が存在するものから部分ごとに練習し、「p」や「r」、「t」など比較的難易度の高い音の練習を重ねていきましょう。

prettyの使い方と例文

ここで、prettyの持つ形容詞、副詞、動詞としての意味と発音のポイントについて解説してきました。

以下からは、まずprettyの使い方を学ぶ際のポイントまとめと、具体的な例文を複数ご紹介していきます。より実践的にこの単語を活用していきたい方は、ぜひチェックしてみましょう。

prettyの使い方

prettyは、まず複数ある形容詞の中で汎用性が高いもの、次に副詞の使い方を整理していくのがおすすめです。

意味解説内で取り上げた動詞の意味は、他の品詞や意味に比べると汎用性が高くないため、今回は割愛します。

prettyの例文

早速以下から、品詞とそれぞれの意味ごとに例文を確認していきましょう。

新たに意味を学んだ単語を、より具体的な例文の形でも記憶しておくことは、会話での実践にも役立ちます。

例文の中でprettyがどんな意味や役割を果たしているのか?に着目し、自分ならどんな場面でこの例文を活用するだろう、というより具体的な視点を持って読み進めてみてください。

prettyを使った例文①

She was a very pretty little child.

最初にご紹介するのは、prettyの形容詞の意味「かわいらしい、かれんな」を用いた例文です。意味は、「彼女はとてもかわいらしい子供でした」となります。

先述した通り、この意味で使用する場合は描写の対象が子供や女性である場合がほとんどです。また、相手が女性でも、相手の年齢や好みによっては「かわいらしい」と表現することが失礼に当たる場合もあるので、その点には注意してください。

会話文例
What was she like when she was a child?
(彼女は子供の頃、どんな子供だったのですか?)
She was a very pretty little child.
(彼女はとてもかわいらしい子供でした。)

 prettyを使った例文②

The family lives in a pretty house in the city.

次にご紹介するのは、prettyの「きれいな、こぎれいな」の意味を含む例文です。意味は、「その家族はその都市でこぎれいな家に住んでいます」となります。

会話文例
The family lives in a pretty house in the city.
(その家族はその都市でこぎれいな家に住んでいるんだ。)
Have you ever visited the house?
(君はその家を訪れたことがあるの?)

prettyを使った例文③

He played pretty music at the party.

prettyの形容詞の意味「見事な、うまい」を含むこの例文は、「彼はそのパーティーで見事な音楽を演奏した」となります。

描写の対象が音楽に変わると、先の「かわいらしい、きれいな」とはまた違う意味で文脈を捉える必要があります。

会話文例
He played pretty music at the party.
(彼はそのパーティーで見事な音楽を演奏したよ。)
Really? I didn’t know he was musical!
(本当に?彼が音楽の才能があるなんて知らかなった!)

prettyを使った例文④

This will cost her a pretty money.

prettyの形容詞の意味「かなり大きな」を活用したこの例文は、「このせいで彼女はかなりのお金がかかってしまうでしょう」という意味を表します。

prettyが、数量・範囲の程度を表す言葉として活用されています。主に口語での会話の中で使用する意味です。

会話文例
Did she decide how she wants to deal with the issue?
(彼女はその問題にどう対処するか決めたの?)
Yes, she did. This will cost her a pretty money I bet.
(ああ、決めたさ。このせいで彼女はかなりのお金がかかってしまうことになるでろう。)

prettyを使った例文⑤

It was pretty cold last night.

最後にご紹介するのは、prettyの副詞の意味「かなり、相当、ずいぶん、非常に」の意味を含む例文です。意味は、「昨夜はかなり寒かったです」となります。

先述しましたが、この例文のように副詞としてprettyを使用する使い方は口語での会話の中でもかなり浸透しています。

veryを使用するよりもこなれた雰囲気を演出できますので、ネイティブとの会話にも積極的に取り入れてみてください。

会話文例
It was pretty cold last night, wasn’t it?
(昨夜はかなり寒かったですよねぇ?)
Yeah it was! I put my knit socks on when I went to sleep.
(本当に!寝る時にニットの靴下を履きましたよ。)

prettyを使う際の注意点

prettyを使う際の注意点としては、この単語を「かわいらしい」という意味で使用した場合の意味と、同じく「かわいい」を意味するcuteという単語との意味の違いです。

以下から、この点について詳しく解説していきます。

cuteを大人の女性に向けて使用しない

結論から言うと、cuteには「子供っぽくてかわいい、小さくてかわいい」という意味があるため、大人の女性に向けて使用することはおすすめできません。この単語を使用すると、相手に「あなたは子供っぽいですよ、未熟ですよ」というメッセージを伝えることになります。

特にアメリカや他西欧諸国では、女性に対する偏見に敏感な人が多いため、自分の主観が先行した言葉を相手にかけると、相手に失礼だと思われる可能性があります。

一方、prettyにはcuteが持つような子供っぽさのイメージはありません。そのため、大人の女性で美しさの中にもかわいらしさがあるという場合に使用可能です。

ただ、相手の価値観や好みによっては、prettyという言葉を子供っぽいとネガティブな意味で取る女性もいます。

その場合は相手の雰囲気や発言などから相手が自分をどう把握しているかを敏感に読み取り、誤解のないよう他の単語を上手く活用していくようにしましょう。

prettyの語源

英単語の語源を探ることは、単語に対するより深い理解を深めることに繋がります。以下から、prettyの語源について学んでいきましょう。

prettyの語源は古英語「prættig」

prettyの語源は、古英語の「 prættig」とされています。他にも中期英語やオランダ語を起源とするという説も複数存在します。

15世紀中期頃から「少しだけ美しい」という、今現在のprettyの意味にも繋がる形での使用が認められていました。

古英語の語源の綴りも今現代のものに通じる綴りになっている点が非常に興味いですね。

prettyと意味が似ている単語

以上まで、prettyの複数ある意味や使い方、使用の際の注意点、語源について詳しく解説してきました。最後に、prettyと意味が似ている単語、類語を複数ご紹介します。

ネイティブとの会話をより自然なものにするためにも、日々自分の語彙力の強化を行うことは大変有効です。あなたもぜひ類語も一緒に覚え、表現力豊かな会話を楽しんでみましょう。

beautiful

最初にご紹介する類語は、形容詞で「美しい」という意味を表すbeautifulです。この類語は、prettyで表現できる「きれいな、こぎれいな」という意味よりも広い範囲で、対象物を「美しい」と表現できます。

日常生活の中でもよく耳にする単語だと思いますので、ぜひ意味や使い方をここでマスターしておきましょう。

beautifulを使った会話文例

You have such a beautiful hair!
(あなたの髪って何て美しいの!)
Thanks! I just had a haircut yesterday.
(ありがとう!昨日ちょうど髪を切ったんです。)

fairly

fairlyも副詞としての意味「かなり、顕著な程度に」という意味で用いると、prettyの副詞の意味の類語として活用できます。

何かの程度について、強調して伝えたい際に活用してみましょう。

fairlyを使った会話文例

Did you read the book I gave you the other day?
(先日君にあげた本を読んだ?)
Yes, but I fund it was a fairly difficult book.
(うん、でもかなり難しい本だと思ったよ。)

very

最後にご紹介するのは、副詞で「とても」という意味を表すveryです。

口語ではprettyよりも若干硬い響きがあります。しかし、この単語も汎用性は高いと言えるので、ぜひ上手く使いこなせるようになりましょう。

veryを使った文例

The shirt was very expensive, so I didn’t buy it.
(そのシャツはすごく高かったので、買わなかったよ。)
Maybe it’s better to wait for a big sale next time.
(次の大きなセールを待った方がいいかもね。)

まとめ

いかがでしたか?prettyには、実は形容詞だけでなく副詞、動詞としての意味も存在します。特に、副詞の意味は、日常生活でも活用できるチャンスが多いと言えます。

あなたも当記事内容を参考にして、ぜひprettyを色んな場面で活用してみてください。

The following two tabs change content below.

リー 木嶋 実有紀

「英語を使って自分の視野をもっと広げたい!」との思いから、国際関係や異文化理解を学べる学科に進み、カナダの大学に一年間留学。日本で約4年間、公立小学校で英語を教える傍ら、個人英会話教室でも英語を教える。アメリカ人の夫との結婚を機に2014年に渡米。アメリカ・日本にお住いの方に英語レッスンを行う。英語学習歴は15年以上、教授歴は10年。「今からでもすぐに使える、実践的な内容」をお届けします。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー