1分でわかる!photographとpictureの違いと正しい使い方

2020年4月1日

ペラペラ

肘井 学

【監修】
肘井 学

慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。関東・東海地方の複数の予備校を経て、リクルートが主催するネット講義サービス「スタディサプリ」で教鞭をとる。「英文読解」の講座は年間25万人が受講する超人気講座となっている。『肘井学の作文のための英文法が面白いほどわかる本』、『語源とマンガで英単語が面白いほど覚えられる本』をはじめ著書も多数執筆。

詳しいプロフィールはこちら

英語で「写真」を表す表現として、photographとpictureの2つの単語があります。どちらも中学英語で習う簡単な英単語ですが、この2つを場面に応じて正しく使いこなせていない人が多く見られます。

例えば、「私は彼に1枚の写真を見せました」を英語で言いたい場合、以下2つのどちらが正しいかわかりますか?

  1. I showed him a photograph.
  2. I showed him a picture.

正解は1の「I showed him a photograph.」です。

どちらを使っても間違いではないですが、pictureには写真以外にも絵・絵画・肖像画などの意味合いもあるため、写真が出てくる可能性が低くなってしまいます。

photographは写真・撮影するという意味ですので、誤解を生じないためには1を使う方がわかりやすくなります。

このように同じ意味を持つ英単語でも理解して正しく使い分けないと、自分の言いたいことが伝わりにくくなってしまいます。

今回は、そんな日本人にとって意外と間違いやすいphotographとpictureの違いについて説明するとともに、それぞれの正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

また、photographとpicture以外にも「写真」という単語に似ている表現についてもご紹介していきます。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

photographとpictureの違い

photographとpictureの違いは、それぞれが持つ意味の広さです。

photographは、名詞で写真という意味で動詞で使う場合は(~の)写真を撮る・(~を)撮影するなどといった意味で、pictureより堅いフォーマルな表現です。
ちなみにphotoはphotographの略語です。

pictureは、名詞で写真・絵・絵画・映画・映像などといった意味で、動詞で使う場合は、絵を描く・想像するといった意味です。特に、新聞、雑誌、本で登場する写真を指す際に、好んで使われます。

photographの使い方

photographの使い方について、例文を使って説明します。

これは私のボーイフレンドの写真です。

This is my boyfriend’s photograph.

私たちの写真を撮ってもらいましょう。

Let’s get our photograph taken.

私はこれを撮影できませんでした。

I wasn’t able to photograph this.

pictureの使い方

pictureの使い方について、例文を使って説明します。

自分が億万長者になることを想像できますか?

Can you picture yourself becoming a billionaire?

私は花のを描きます。

I will draw a picture of flower.

これは、私たちの結婚式の時の写真です。

This is a picture from our wedding.

理解度チェックテスト

それではここで、photographとpictureを正しく使い分けることが出来るか、いくつかテストをしましょう。

英文の中の(カッコ)には、photographかpictureのどちらかが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. Do you have ( )books?
    絵本はありますか?
  2. You’re like professional ( )! 
    その写真はプロが撮ったかのようですね!
  3. Did you see the ( )on the banner?
    横断幕の絵は見ましたか?
  4. I will draw a ( ) of flowers.
    私は花の絵を描きます。
  5. I can’t ( )you washing dishes.
    あなたが皿洗いをしているところなど想像できないです。

「写真」を表すその他の英単語

「写真」を表す単語は、photographとpicture以外にもあります。それらの単語がどのように使われるのか、例文を使って説明します。

snapshot

snapshotは、下準備せずその瞬間をそのまま撮った写真のことです。日本では「スナップ写真」と呼ばれています。以下のように使われます。

She was snapshot just as she was entering the car.(彼女は車に乗るところを撮影されました)
This is a snapshot of my mom on the beach.(これは浜辺で撮った母のスナップ写真です)

image

imageは、画像・像・聖像・形・姿・特徴などといった意味です。以下のように使われます。

She’s the spitting image of her father.(彼女は父親にそっくりです)
We are apt to have a false image of this country.(私たちはこの国について誤ったイメージを抱きがちです)
They set up an image of the Virgin Mary.(彼らは聖母マリアを建てました)

まとめ

今回は、photographとpictureの違いとそれ以外の「写真」という表現に似ている単語についてもお話ししてきました。

以下、おさらいです。

  • photograph=名詞で写真という意味で動詞で使う場合は(~の)写真を撮る・(~を)撮影。pictureよりフォーマルな表現。
  • picture=名詞で写真・絵・絵画・映画・映像などといった意味で、動詞で使う場合は、絵を描く・想像する

という意味を持ちます。特に、新聞、雑誌、本の写真に好んで使われます。

同じ意味ですが、このように細かな違いを理解して正しく使い分けられるようになると自分の言いたいことがより伝わりやすくなります。

テストの答え

  1. picture
    絵本はpictureを使います。
  2. photographer
    ”er”をつけると写真家という意味になります。
  3. picture
    絵はpictureしか使えません。
  4. picture
  5. picture
    ”想像する”はpictureを使います。
The following two tabs change content below.
岡田 ティナ

ライター(詳しいプロフィールを見る

10歳までをフィリピンで過ごした英語と日本語のバイリンガル。優れた英会話力を活かし、初心者が抱く英語の疑問を解消する「ペラペラ英語塾」の記事を担当。また、英会話スクールやオンライン英会話、英会話カフェ等を体験してのレビュー記事も担当しており、体験したサービスの数は30以上を数える。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー