1分でわかる!hourとtimeの違いと正しい使い方

2020年3月11日

ペラペラ

肘井 学

【監修】
肘井 学

慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。関東・東海地方の複数の予備校を経て、リクルートが主催するネット講義サービス「スタディサプリ」で教鞭をとる。「英文読解」の講座は年間25万人が受講する超人気講座となっている。『肘井学の作文のための英文法が面白いほどわかる本』、『語源とマンガで英単語が面白いほど覚えられる本』をはじめ著書も多数執筆。

詳しいプロフィールはこちら

英語で「時間」を表す表現で、hourとtimeという2つの単語があります。どちらも中学英語で習う簡単な英単語ですが、この2つの正しい使い方を理解していない人が多く見られます。

例えば、「私は昨晩、10時間寝ました」を英語で言いたい場合、以下2つのどちらが正しいかわかりますか?

  1. I slept for ten hours yesterday.
  2. I slept for ten times yesterday.

正解は1の「I slept for ten hours yesterday.」です。

hourは時間の単位を表します。

timeも時間を表しますが、回数を表す意味もあるのでここで使うと「10回寝た」という意味になってしまいます。

このように同じ「時間」という意味をもつ単語でも、それぞれに応じた正しい使い方があるので理解して使い分ける必要があります。

今回は、そんな日本人にとって紛らわしいhourとtimeの違いを説明するとともに、正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

また、hourとtime以外の「時間」という表現を持つ単語についてもご紹介していきます。

DMM英会話スマホ用広告バナー

hourとtimeの違い

hourは、1時間(60分)・時刻などと言った意味で、時間の単位を計る際に使います。
例えば、「24時間営業」「〇時間何かをする(した)」といった場合にhourを使って表します。

timeは、時間という意味で、時刻・期間・時代・回数などを表す際に使います。
例えば、「今何時?」「私は東京に〇回行ったことがある」「楽しい時を過ごした」などといった場合にtimeを使って表します。

hourの使い方

hourの使い方について、例文を使って説明します。

1日は24時間です

There are 24 hours in a day.

私の家からそこへ行くには車で3時間くらいかかります。

It takes about three hours to drive from my house there.

私はそれを昼休みにやり終えます。

I will finish it in my lunch hour.

※昼休み時間は約1時間としている

timeの使い方

timeの使い方について、例文を使って説明します。

現在の時刻は午前9時です。

The time is now 9 a.m.

私は年に2、3病院に行きます。

I go to the hospital two or three times a year.

私たちはパーティーでとても楽しいを過ごしました。

We had a good time at the party.

理解度チェックテスト

それではここで、hourとtimeを正しく使い分けることが出来るか、いくつかテストをしましょう。

英文の中の(カッコ)には、hourかtimeのどちらかが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. Next ( )you’re in town let’s have dinner together.
    次にあなたが町へ来たら一緒に夕食を食べましょう。
  2. You may call me at any( ).
    いつでも電話してくれてもいいですよ。
  3. The trains leave at fifteen minutes past the ( ).
    電車は毎時15分に出発します。
  4. At the ( )I was very angry, but later I calmed down.
    その時はとても腹が立ったが、後で落ち着きました。
  5. The job will take more than an ( ).
    その仕事は1時間以上かかるでしょう。

「時間」を表すその他の英単語

「時間」を表す単語はhourとtime以外にもあります。それらの単語がどのように使われるのか、例文を使って説明します。

o’clock

o’clockは、~時・(時計では)~時の位置などといった意味です。「of the clock」の省略形です。以下のように使われます。

It’s almost two o’clock.(もう少しで2です)
I sleep from 12 o’clock until 8 o’clock.(私は12から8まで寝ます)
See you tomorrow at 10 o’clock.(明日10に会いましょう)

temporarily

temporarilyとは、「一時的に」という意味です。以下のように使われます。

She will be work here temporarily.(彼女はここで一時的に働くでしょう)
I was temporarily confounded at my new software.(私は新しいソフトウエアに一時的にまごついた)
They became so popular that they temporarily went out of stock.(それらは一時的に売り切れるほど人気になりました)

span

spanとは、短期間・(ある物事が及ぶ)期間・しばらくの間といった意味です。以下のように使われます。

Her active career spanned the two decades.(彼女の現役時代はその20年間にわたりました)
Our life has but a short span.(人生は束の間にすぎない)
I lost weight the most in a span of several years.(私は数年で一番痩せていました)
The average life span of Japanese women is 80 years.(日本人女性の平均寿命は80歳です)

まとめ

今回はhourとtimeの違いについてやそれ以外の「時間」についてもご紹介してきました。

以下、おさらいです。

  • hour=1時間(60分)・時刻などといった意味で、時間の単位を表す
  • time=時間という意味で、時刻・期間・時代・回数など

を表す際に使います。

前項の例文などを使って、練習しながら感覚を身につけていきましょう。

テストの答え

  1. time
    ”次に”は次回来た”時”をいっているのでtimeを使います。
  2. time
    ”いつでも”は単位ではなく、単なる時間を表しているのでtimeを使います。
  3. hour
    毎時15分は時間の単位を表しているのでhourを使います。
  4. time
    その”時”といっているのでtimeを使います。
  5. hour
    時間の単位を表しているのでhourを使います。
The following two tabs change content below.
岡田 ティナ

ライター(詳しいプロフィールを見る

10歳までをフィリピンで過ごした英語と日本語のバイリンガル。優れた英会話力を活かし、初心者が抱く英語の疑問を解消する「ペラペラ英語塾」の記事を担当。また、英会話スクールやオンライン英会話、英会話カフェ等を体験してのレビュー記事も担当しており、体験したサービスの数は30以上を数える。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー