ネイティブ相手に今日から使える!hugeの意味と使い方

ペラペラ

hugeは、日常会話でも非常によく使われる言葉です。日々のネイティブとの会話、或いは海外ドラマや映画のセリフ内でも耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、そんなhugeの意味や使い方について、具体的な例文を交えながらご紹介します。記事後半では、使用の際の注意点や類語についても学ぶことが可能です。

日常生活の様々な場面で活躍するhugeの意味と使い方をより明確にしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

hugeの意味

hugeには、形容詞として大きく分けて2つの意味があります。以下から、それぞれの意味について詳しく解説していきます。

(形・大きさなどが)巨大な、莫大な

まず、hugeには「(形・大きさなどが)巨大な、莫大な」という意味があります。対象物の形や大きさを描写する際に使用します。

例えば、「その街には目立つ巨大な石の建築物があります」という文章内、「巨大な」の部分がhugeにあたります。

大きい、大した

hugeには、「大きい、大した」という意味もあります。この意味でhugeを使用する場合、描写対象物は抽象的なもので、その範囲や程度を表すのに使用します。

例えば、「彼は大きな成功を果たした」という文中、「大きな」がhugeにあたります。この意味での使い方は、日常生活の会話の中でも非常によく活用されます。ぜひ覚えておきましょう。

hugeの発音・読み方

それでは以下から、hugeの発音と読み方を確認していきましょう。

hugeの発音記号

hju:ʤ

発音記号にすると、hugeは「hju:ʤ」と表記されます。

hugeの発音・読み方

hugeの発音・読み方は、日本語で「ヒュゥージ」となります。

まず、「hju:」の部分は、唇を丸く突き出したまま息を吐きながら日本語の「ヒ」の音を意識し、「h」の音にします。続いて、「j」の音は舌の真ん中を持ち上げて上あごに近づけ、その隙間から日本語の「ユ」の音を意識しながら「ュ」と発音します。

「u:」の部分は唇を丸く突き出したまま、「ウー」と長音を意識して発音します。以上の3つの音を合わせると、「ヒュー」の音になります。

最後に、「ʤ」の部分は唇を前に突き出し、息だけを使った「ジ」と発音します。これらのステップを全て合わせると、最終的にhugeの発音である、「ヒュゥージ」になります。

hugeの使い方と例文

ここまで、hugeの持つ大きく分けて2つの形容詞としての意味と、発音のポイントについてご紹介してきました。以下から、まずはhugeの使い方を学ぶ際のポイントをまとめてみます。

hugeの使い方

hugeには幸い、大きく分けて2つの意味しか存在しません。品詞も同じ形容詞なので、配置の場所は基本的には名詞の前、叙述法で使用する場合は名詞の後になります。

2つの意味の違いを理解するためには、それぞれの意味ごとに例文を学び、理解を深めていく方法がおすすめです。

hugeの例文

それでは早速、以下からhugeを使った具体的な例文をいくつか見ていきましょう。新たな単語を覚える際、その意味を単独で覚えるだけに留まらず、一緒に例文も覚えてしまう方が効率的です。

実際の会話でも、フルセンテンスですぐに口から出てくるのを目指し、各例文の解説を読み進めてみてください。

hugeを使った例文①

There’s a huge rock building you can easily find in that town.

最初にご紹介するのは、hugeの「巨大な、莫大な」の意味を活用したものです。例文の意味は、「その街にはすぐに分かる巨大な石の建物があります」となります。

この例文では、hugeが次の名詞、rock buildingを修飾しています。

会話文例
So, what’s unique about the town?
(それで、その街にはどんな特徴があるんです?)
There’s a huge rock building you can easily find in that town.
(その街にはすぐに分かる巨大な石の建物があります。)

hugeを使った例文②

It’s a huge relief to know that everyone is safe.

次にご紹介するのは、hugeの「大きい、大した」の意味を含んだ例文です。意味は、「みんなが無事だということには非常に安心しました」です。

relief、つまり「安心感」という目には見えない、抽象的なものの程度を表す言葉として、hugeが使われています。

会話文例
It’s a huge relief to know that everyone is safe. 
(みんなが無事だということには非常に安心しました。)
True.
(本当にそうですね。)

hugeを使う際の注意点

hugeを使用する際に注意したいのは、他の意味がよく似た言葉との使い分けです。特にhugeの一つ目の意味、「巨大な、莫大な」の意味と意味が近いものとの識別をしっかり行っておくことが有効です。

以下から、この点について詳しく解説いきます。

enormous, immenseとの使い分け

hugeと意味がよく似た単語として挙げられるものに、「enormous」と「immense」があります。

まず、前者のenormousは、「並外れて大きい」という意味を持ちます。単語中にある「norm」は、「基準」という意味です。その基準をはるかに超えた、並外れたという意味が込められています。

後者のimmenseには、「測れないほど大きい」という意味があります。この言葉の語源は、ラテン語のim(not) +mense(measure)、すなわち「測ることができない」からきています。

最後に、huge, enormous, immenseの大きさの違いを示すと、huge<enormous<immenseとなります。どれも類語として使用可能ですが、微妙に表す大きさの度合いが異なるので注意しましょう。

hugeの語源

新たな英単語をその語源まで含めて学ぶことは、その単語の意味や使い方への深い理解に繋がります。早速以下から、気になるhugeの語源について学んでいきましょう。

hugeの語源は古フランス語の「ahuge」「ahoge」         

hugeの語源は、古フランス語の「ahuge」、「ahoge」とされています。hugeはこれらの語源の省略形として発展してきたと考えられます。

英語には、語源をラテン語や古英語から取るものが多いですが、この単語の場合は古フランス語が語源というのは、とても興味深いですね。

hugeと意味が似ている単語

ここまで、hugeの意味や使い方、使用の際の注意点や語源について解説してきました。最後に、hugeの類語を複数ご紹介します。

表現のマンネリ化を防ぐ上でも、類語を暗記し活用していくことはとても重要です。ぜひ、hugeの類語も一緒に学んでいきましょう。

tremendous

最初にご紹介するのは、「tremendous」です。形容詞で、「(大きさ・量・程度などが)ものすごい、巨大な、途方もない、素敵な、素晴らしい」という意味を表します。

hugeの類語としての意味は、「ものすごい、巨大な」ですが、日常会話では他のポジティブな意味を表す意味もよく使用します。

tremendousを使った会話文例

What did you do in Italy? Did you have fun?
(イタリアでは何をしたの?楽しかった?)
We went to see a tremendous castle! It was so much fun!
(巨大なお城を見に行ったんだ。すごく楽しかったよ!)

vast

次にご紹介するのは、「vast」です。この類語も形容詞で、「広大な、広莫な、莫大な、巨額の」などの意味を持ちます。特に対象物の占めるスペースの広さや、お金の量を描写する言葉としてよく使用されます。

会話文例

He has a vast space in his house and it’s located in such a great location.
(彼の家には広大なスペースがあって、ロケーションも最高なんだ。)
Wow! Sounds like worth visiting.
(うわぁ!それは行ってみる価値ありそうだね。)

enormous

最後にご紹介するのは、「enormous」です。先述した通り、この言葉には形容詞として「並外れて大きい」という意味があります。hugeよりも少し意味の強い言葉として使用しましょう。

会話文例

You mean, he did eat up the food?
(彼はその食べ物を全部平らげたってこと?)
Yeah, I guess he had an enormous appetite!
(そうだよ、並々ならぬ食欲だったんだろうね!)

まとめ

いかがでしたか?hugeは形容詞として2つの意味しか持たないので、比較的意味と使い方も覚えやすい単語と言えます。

日常会話レベルの会話でもよく耳にする単語なので、ぜひあなたも当記事内容を参考に、使い方をマスターしてみてください。

The following two tabs change content below.

リー 木嶋 実有紀

「英語を使って自分の視野をもっと広げたい!」との思いから、国際関係や異文化理解を学べる学科に進み、カナダの大学に一年間留学。日本で約4年間、公立小学校で英語を教える傍ら、個人英会話教室でも英語を教える。アメリカ人の夫との結婚を機に2014年に渡米。アメリカ・日本にお住いの方に英語レッスンを行う。英語学習歴は15年以上、教授歴は10年。「今からでもすぐに使える、実践的な内容」をお届けします。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー