ピッタリの勉強法を見つけよう!英語学習経験者500人にアンケート

2019年11月21日

ペラペラ

1日の英語の勉強時間は?

ここまでで、英語学習は「地道な反復練習」がいかに必要かがお分かりいただけたかと思います。現に、英語を習得するには1000時間の学習が必要だと言われています。

では、実際のところみんな1日どれくらい勉強しているのでしょうか?

ここでは、1日の英語の勉強時間について聞いてみました。

結果は以下の通りです。

勉強時間

30分未満 290人(58.0%)
30分~1時間 145人(29.0%)
1~2時間 55人(11.0%)
2~3時間 5人(1.0%)
3時間以上 5人(1.0%)

1日の勉強時間が30分未満と答えた人が約6割という結果でした。時間をかけなければ効果が出ないのは分かってはいるけれどそう簡単にはいかない、というのが多くの英語学習者の悩みではないでしょうか。

以下の表は1日の勉強時間を年齢別にまとめたものです。

   30分未満 30分~1時間 1~2時間 2~3時間 3時間以上
 10代 13人(100%)  0人(0.0%) 0人(0.0%) 0人(0.0%) 0人(0.0%)
 20代 63人(52.9%) 46人(38.7%) 10人(8.4%) 0人(0.0%) 0人(0.0%)
 30代 152人(63.9%) 66人(27.7%) 13人(5.5%) 7人(2.9%) 0人(0.0%)
 40代 56人(62.9%) 22人(24.7%) 7人(7.9%) 0人(0.0%) 4人(4.5%)
 50代 23人(56.1%) 12人(29.3%) 6人(14.6%) 0人(0.0%) 0人(0.0%)

表をご覧いただくと、どの年代でも勉強時間が30分未満の人が多いことが分かりますが、30代、40代は1日1時間以上勉強をしている人も約1割いることが分かります。

あくまで推測ですが、30代、40代は昇進・昇格のために一定の基準をクリアしなければならない人や、仕事上英語を使わなければならない人も増えるため、必要に迫られて勉強時間を確保している人も多いのではないかと思われます。忙しいスケジュールのなか、1日3時間以上も英語の勉強に時間を費やしている人がいるというのはとても素晴らしいことだと思います。

隙間時間を使ったおすすめ英語勉強法は?

英語を習得する社会人にとって、英語の勉強にまとまった時間を費やすのは至難の業です。できるだけ効率よく学習を進めるためには、通勤時間・移動時間・休憩時間などの隙間時間を上手く使って勉強することが大切です。

ここでは、隙間時間を使ったおすすめ英語勉強法について聞いてみました。

隙間時間勉強法

1位 スマホアプリを使う(180人)

約4割の人が実践していたのが「スマホアプリを使った勉強法」です。通勤時間・バスタイム・移動時間など、ちょっとした空き時間にどこでも使える手軽さが人気の秘密のようです。

  • アプリをつかう。Audibleでリスニング。(40代女性・学生)
  • 聞き流しやアプリを使った学習。アプリのGrammar in useは、通勤通学時間にゲーム感覚でできると思います。(30代女性・無職)
  • スマホの英単語帳アプリを使って半身浴しながら覚えた。(30代女性・無職)
  • 通勤時間でリスニングをしていました。あとは空いた時間でスマホアプリの単語帳を使用していました。(30代女性・会社員)

その他の隙間時間勉強法

スマホアプリを使って学習をしている人が多いことが分かりましたが、隙間時間は人それぞれ違います。例えば、通勤時間に関していえば、通勤時間が5分の人もいれば1時間以上という人もいますし、通勤手段も車、電車、自転車、徒歩などさまざまです。また、一人暮らしの男性が帰宅してから勉強する時間に比べ、小さな子供をもつ既婚男性の場合は帰宅後や休日に勉強に費やせる時間は少ないでしょう。事務・営業・接客など仕事内容によっても隙間時間は変わってきます。

このようにライフスタイルによって隙間時間の使い方は人それぞれ大きく違いますので、さまざまな隙間時間学習法のなかから自分にあった学習法を見つけて実践することが大切です。

以下、その他の隙間時間を使った英語勉強法です。是非参考にしてみてください。

  • 寝る前に英語の歌を聞く。(40代女性・会社員)
  • 通勤や家事の時間に英語のニュースを聞く。(50代女性・主婦)
  • 自分がしていることや目に見える全てのことを英語で言ってみる癖をつける。(40代女性・自営業)
  • お風呂の際に唇や舌の動きを確認しながら、単語の発音チェックをする。(30代女性・主婦)
  • 歩行中に、「今、どこかに行く道を聞かれたら…など自らで自問自答して英語を身近にしてました。」(50代男性・無職)
  • 英語の歌を数曲練習しておき、開いた時間に繰り返し歌う。(30代女性・主婦)
  • YouTubeで字幕付きの映画や音楽を聴く。(20代女性・会社員)
  • 一区切り5分程度のディズニーの英語システム無料サンプルを聞く。(30代男性・会社員)
  • 風呂・トイレ・通学・通勤時間に単語etcをクリアファイルに入れ目を通す。(50代男性・自営業)
  • 海外ニュースのヘッドラインをインターネットでチェックする。(30代女性・会社員)

初心者が英語を勉強するならまず何から始めたらいい?

英語を勉強したいけれど、「英語で自己紹介するのでさえ不安」という初心者のあなた!教材やアプリなどたくさんあるけれど、いったい何から手をつけたら良いのか分からないという人がほとんどだと思います。

ここでは、初心者が英語を勉強するならまず何から始めればよいか聞いてみました。

初心者向け勉強法

1位 中学レベルの単語・文法から学び直す(260人)

初心者の英語の勉強は「中学レベルの単語・文法のおさらい」からと答えた人が半数以上でした。英語を話せるようになりたいからといって、初心者がいきなり映画や海外ドラマを観ても、全く理解できず挫折してしまうのは容易に想像できますよね。まずは、中学レベルの英単語・英文法を身につけるところから始めましょう。

  • 文法をまず学習することをおすすめします。文法がわからないと意味が全くわからず先に進めません。(20代女性・会社員)
  • 単語の習得からだと思います。単語を知らなければ思ったことを伝えることも出来ません。(20代女性・会社員)
  • 中学校の英語教科書の徹底復習。(50代男性・無職)
  • 中学校の教科書みたいな参考書でCDがついているものから始めた方が良いと思う。(20代女性・会社員)

その他の初心者向け英語勉強法

その他、初心者向けのおすすめ英語勉強法として以下のような回答がありました。こちらも是非参考にしてみてください。

  • 1日数分でもいいから英語に触れること(30代女性・主婦)
  • 英語で子供用の絵本を読む。(40代女性・主婦)
  • まずは、英語の音読を行う。(40代男性・団体職員)
  • 簡単な気になる日本語を英単語や単文におきかえる癖をつける。(30代女性・自営業)
  • ネイティブと友達になる。(40代女性・主婦)

あなたのいちおし勉強法は?

最後にこれから英語の勉強を始める人に向けて、是非おすすめしたいいちおしの勉強法を聞いてみました。

おすすめ勉強法

 

文法・単語の基礎から鍛える 205人(41.0%)
海外ドラマ、洋画を観る・洋楽を聴く 120人(24.0%)
実践で力をつける(英会話スクール・留学・友人を作る) 30人(6.0%)
その他 145人(29.0%)

1位 文法・単語の基礎から鍛える(205人)

まずは「英語の基礎をしっかり鍛える」ことから始めることを約6割の人がおすすめしています。中学レベルの英単語や英文法が身についていない人は、まずおさらいをすることから始めるのが英語上達への近道だと言えます。

  • 基本的な文法書を見つけて、復習する。簡単なワード(中学生レベル)を使って、毎日日記を書く。(20代女性・無職)
  • 中学校レベルの文法が理解できているならとりあえずは単語の暗記をオススメします。(20代女性・会社員)
  • 単語をひたすら覚える。基礎を固める。(20代女性・無職)
  • 英文法をGrammar in useなどで勉強し基礎を固めつつ、英単語の語彙や表現を増やすようにしていくことが大切です。(30代女性・無職)
  • 1日5分、英単語の暗記を行うだけでも力がつくと思います。(20代男性・自営業)
  • 単語帳を4周する。(20代女性・主婦)

2位 海外ドラマ、洋画を観る・洋楽を聴く(120人)

続いて多かったのは、「海外ドラマ、洋画、洋楽などを使う」という方法でした。興味のあるジャンルのものからスタートすることで、勉強も楽しく続けられそうですね。

  • 海外ドラマでリスニング力を磨く事です。聞き取りができないと話す事もできません。(30代女性・主婦)
  • 好きな映画や本などストーリーや台詞をほぼ暗記しているものを英語の教材にする。映画なら英語字幕、日本語字幕の切り替えをするとより良くわかる。(30代女性・会社員)
  • 海外の映画と字幕を見て先ずは耳と文字を何度も繰り返し、最終的には字幕なしで映画を見る。(30代男性・会社員)
  • とりあえず気に入った洋楽を聞き込んで歌詞をディクテーションする。(40代女性・無職)
  • 二か国語で放送されている映画や海外ドラマを録画して、音声を英語にして日本語の字幕を表示して何度も見る。(40代男性・会社員)

3位 実践で力をつける(英会話スクール・留学・友人を作る)(30人)

そして、何はともあれ「実際に話してみましょう」と答えた方も約1割。外国人の友人を作るのもよし、行動力のある人は留学してみるのもよし、英会話スクールに通って英語を話す機会を作るというのもおすすめの方法です。

  • ネイティブの知り合いを作る。(40代女性・会社員)
  • 勉強するよりも外国人と友人になり実際にメールや会話をすることが最も上達すると思います。(50代男性・会社員)
  • 一番は留学することだと思います。現地の語学学校で勉強するのがいいと思います。(30代女性・主婦)
  • 最初は実際外国人と話すため、英会話学校に行くのが良いと思います。(40代男性・会社員)

その他のおすすめ勉強法

その他にもさまざまな勉強法の回答がありました。英語の勉強は継続することが何よりも大切なので、自分にあった続けやすいものを是非見つけてみてください。

  • 様々なシチュエーションで会話をしながら発音をチェックしてくれるアプリがあるので使ってみるといいと思います。(40代女性・会社員)
  • ネイティブの人が監修しているCD付き書籍(難易度は人による)を読んで聴くこと。(30代男性・自営業)
  • 英語教材だけでなく、英字新聞やアメリカのニュースなどを活用して生の英語に触れる勉強法をおすすめします。(30代女性・主婦)
  • TOEICなどの検定のテキストを繰り返し行うこと。(20代女性・学生)
  • 職場や学校など、極力自分が使う英語と似ている分野の教材を探して、ひたすら音読して口と耳で覚える。(30代女性・会社員)

まとめ

以上、アンケートをもとにみんなが実践している英語の勉強法について紹介しました。英語を勉強している人がさまざまな工夫を凝らしていることが分かっていただけたのではないかと思います。

アンケートをとってみて一番強く感じたのは、「みんな英語学習に苦労している」ということでした。なかなか効果を実感できず、途中で挫折してしまうことも多い英語学習ですが、あなたひとりが悩んでいるわけではなく、みんな同じように悩みを抱えているのです。

そして、約9割の人が1日1時間未満の勉強時間しか確保できていないという結果から、英語を身につけるには時間をかけることが大切だとは理解していても、実際のところはなかなか難しいというのが現状のようです。

英語学習は今の自分のレベルによってやるべきことが違ってきます。アンケート結果を見て、リスニングや発音を鍛えるために「海外ドラマや洋画を観て勉強しよう」と思う方もいるかもしれませんが、英単語や英文法の基礎をマスターしていない初心者にとってはハードルが高いと言えるでしょう。

しかし、どのレベルの人にも共通して言えるのは、英語の基礎をしっかり身につけることが英語上達への近道だということです。実際、英語学習経験者の約6割が、おすすめの勉強法として「まず英語の基礎をしっかり鍛える」ことを挙げています。

英語の学習法について悩んだときは、この記事を是非参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
守重 美和

英会話スクールの体験レッスンレポートを中心に、失敗しない英会話スクール選びに役立つコンテンツを提供します!

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー