【保存版】英語での日付の書き方・読み方まとめ(年月日、曜日、前置詞)

ペラペラ

なんとなく覚えている英語の日付の書き方、ふと我に返ると、分からなくなることありませんか?

メール、ビジネス書類、契約書、手紙やカードなど。「書く順番は?」「略し方は?」「アメリカ式とイギリス式で違ったような、そうでなかったような・・・」など、思わず「あれ?」と思った経験があるはずです。

また、年月日の入った文章を英語で書こうとしたとき、「えっと、前置詞って何使うんだっけ? 時間が入ってるとどうなる?」と迷ってしまうという人もよくいます。

そこで、本記事では、ふいに困惑してしまいがちな英語の日付の書き方について、まとめて解説します。

英語の日付の書き方:月編

まずは、12ヶ月のスペルと略語、発音をしっかり覚えましょう。月の略語は5月(May)だけありません。

調べてみると、英語の月は古代ローマの暦、神話、歴史に由来しているようです。神話の神の名がついている月も多く、なかなか興味深いですよ。由来が分かると覚えるのも楽しくなりますね。

英語での月の書き方一覧表

日本語 英語 略語
1月 January Jan.
2月 February Feb.
3月 March Mar.
4月 April Apr.
5月 May なし
6月 June Jun.
7月 July Jul.
8月 August Aug.
9月 September Sept.
10月 October Oct.
11月 November Nov.
12月 December Dec.

月別の発音方法

1月 January (Jan.)

【発音記号】ʤænjuɛri
【カナ読み】ジャニュエリ
【略語】Jan.

語源はローマ神話のJanus(ヤヌス)という説があるようです。頭の前と後ろに顔を持っています。ものごとの最初と終わりを司り、門や戸口を守護する神です。1月は年の終わりから始まりに移る月というところから。

 

2月 February (Feb.)

【発音記号】fɛbjəwɛri
【カナ読み】フェブルエリ 
【略語】Feb.

由来は古代ローマの2月のおはらいの祭りFebruaにちなんで。

 

3月 March (Mar.)

【発音記号】mɑrʧ
【カナ読み】マアチ
【略語】Mar.

ローマ神話の軍神Mars(マルス)が由来のようです。古代ローマでは3月が一年の始まりでした。軍事行動を始める月でもあり、軍神マルスと結びついたようです。

 

4月 April (Apr.)

【発音記号】eɪprəl
【カナ読み】エイプラル
【略語】Apr.

ギリシャ神話の愛の神Aphrodite(アフロディテ)にちなんでいるとも、ラテン語で「第2の月」(古代ローマは3月始まり)の意味とも言われているようです。

 

5月 May

【発音記号】meɪ
【カナ読み】メイ
【略語】略語はありません。

ローマ神話の春を司る豊穣の女神Maia(マイア)が由来しているようです。ローマでは5月1日にマイアの祭日で供物が捧げられ、メーデーの起原になったと言われています。

 

6月 June (Jun.)

【発音記号】ʤun
【カナ読み】ジュン
【略語】Jun.

ローマ神話で結婚、出産を司るJuno(ユーノー)が由来していると言われています。ジューン・ブライド(6月に結婚すると幸せになる)もJunoが起源のようです。

 

7月 July (Jul.)

【発音記号】ʤəlaɪ
【カナ読み】ジュライ
【略語】Jul.

7月生まれの将軍Julius Caesar(ジュリアス・シーザー)に由来するようです。

 

8月 August (Aug.)

【発音記号】ɑgəst
【カナ読み】アガスト
【略語】Aug.

ローマ皇帝Augustus(アウグストゥス)に由来するようです。

 

9月 September (Sep or Sept.)

【発音記号】sɛptɛmbər
【カナ読み】セプテムバル
【略語】Sep.

ラテン語で7を表すseptから出ており、初期のローマ暦では3月始まりだったので、9月は7番目の月となったようです。

 

10月 October (Oct.)

【発音記号】ɑkˈtoʊbər
【カナ読み】アクトーバア
【略語】Oct.

ラテン語で8を表すoctoから出ているようです。初期のローマ暦では3月始まりだったので、10月は8番目の月。

 

11月 November (Nov.)

【発音記号】noʊvɛmbər
【カナ読み】ノーヴェンバル
【略語】Nov.

ラテン語で9を表すNovemから出ているようです。初期のローマ暦では3月始まりだったので、11月は9番目の月。

 

12月 December (Dec.)

【発音記号】dɪsɛmbər
【カナ読み】ディセンヴァル
【略語】Dec.

ラテン語で10を表すDecemから出ているようです。初期のローマ暦では3月始まりだったので、12月は10番目の月。

英語の日付の書き方:日付編

月に続いて、英語の日付です。フルのスペルと数字での表し方両方をしっかり覚えましょう。

日付の発音には、日本人の苦手なthがたくさん出てきます。その上、rやfの発音も混ざるので、発音しづらく感じるかもしれません。発音の違いがわからないと相手に通じませんので、声に出して丁寧な練習を重ねてください。

英語での日付の書き方一覧表

日本語 英語 綴り(スペル)
1日 1st First
2日 2nd Second
3日 3rd Third
4日 4th Fourth
5日 5th Fifth
6日 6th Sixth
7日 7th Seventh
8日 8th Eighth
9日 9th Ninth
10日 10th Tenth
11日 11th Eleventh
12日 12th Twelfth
13日 13th Thirteenth
14日 14th Fourteenth
15日 15th Fifteenth
16日 16th Sixteenth
17日 17th Seventeenth
18日 18th Eighteenth
19日 19th Nineteenth
20日 20th Twentieth
21日 21st Twenty first
22日 22nd Twenty second
23日 23rd Twenty third
24日 24th Twenty fourth
25日 25th Twenty fifth
26日 26th Twenty sixth
27日 27th Twenty seventh
28日 28th Twenty eighth
29日 29th Twenty ninth
30日 30th Thirtieth
31日 31st Thirty first

日付別の発音方法

1日 first (1st)

【発音記号】fɜrst
【カナ読み】ファスト

 

2日 second (2nd)

【発音記号】sɛkənd
【カナ読み】セカンド

 

3日 third (3rd)

【発音記号】θɜrd
【カナ読み】サアド

 

4日 fourth (4th)

【発音記号】fɔrθ
【カナ読み】フォース

 

5日 fifth (5th)

【発音記号】fɪfθ
【カナ読み】フィフス

 

6日 sixth (6th)

【発音記号】sɪksθ
【カナ読み】スィクスス

 

7日 seventh (7th)

【発音記号】sɛvənθ
【カナ読み】セヴァンス

 

8日 eighth (8th)

【発音記号】eɪθ
【カナ読み】エイス

 

9日 ninth (9th)

【発音記号】naɪnθ
【カナ読み】ナインス

 

10日 tenth (10th)

【発音記号】tɛnθ
【カナ読み】テンス

 

11日 eleventh (11th)

【発音記号】ilɛvənθ
【カナ読み】イレヴァンス

 

12日 twelfth (12th)

【発音記号】twɛlfθ
【カナ読み】トウェルフス

 

13日 thirteenth (13th)

【発音記号】θɜrtinθ
【カナ読み】サァルティンス

 

14日 fourteenth (14th)

【発音記号】ɔrtinθ
【カナ読み】フォルティンス

 

15日 fifteenth (15th)

【発音記号】fɪftinθ
【カナ読み】フィフティンス

 

16日 sixteenth (16th)

【発音記号】sɪkstinθ
【カナ読み】スィクスティンス

 

17日 seventeenth (17th)

【発音記号】sɛvəntinθ
【カナ読み】セヴァンティンス

 

18日 eighteenth (18th)

【発音記号】eɪtinθ
【カナ読み】エイティンス

 

19日 nineteenth (19th)

【発音記号】naɪntinθ
【カナ読み】ナインティンス

 

20日 twentieth (20th)

【発音記号】twɛntiəθ
【カナ読み】トウェンティアス

 

21日 twenty first (21th)

【発音記号】twɛnti fɜrst
【カナ読み】トウェンティ ファースト

 

22日 twenty second (22nd)

【発音記号】twɛnti sɛkənd
【カナ読み】トウェンティ セカンド

 

23日 twenty third (23rd)

【発音記号】twɛnti θɜrd
【カナ読み】トウェンティ サァド

 

24日 twenty fourth (24th)

【発音記号】twɛnti fɔrθ
【カナ読み】トウェンティ フォース

 

25日 twenty fifth (25th)

【発音記号】twɛnti fɪfθ
【カナ読み】トウェンティ フィフス

 

26日 twenty sixth(26th)

【発音記号】twɛnti sɪksθ
【カナ読み】トウェンティ スィクスス

 

27日 twenty seventh (27th)

【発音記号】twɛnti sɛvənθ
【カナ読み】トウェンティ セヴァンス

 

28日 twenty eighth (28th)

【発音記号】twɛnti eɪθ
【カナ読み】トウェンティ エイス

 

29日 twenty nineth (29th)

【発音記号】twɛnti naɪnθ
【カナ読み】トウェンティ ナインス

 

30日 thirtieth (30th)

【発音記号】θɜrtiəθ
【カナ読み】サァルティアス

 

31日 thirty first (31st)

【発音記号】θɜrdi fɜrst
【カナ読み】サァルティアス ファスト

英語の日付の書き方:曜日編

続いて、英語での曜日を解説します。

英語での曜日の書き方一覧表

日本語 英語 略語
日曜日 Sunday Sun.
月曜日 Monday Mon.
火曜日 Tuesday Tue.
水曜日 Wednesday Wed.
木曜日 Thursday Thu. or Thur.
金曜日 Friday Fri.
土曜日 Saturday Sat.

ゲルマン系の言語(英語、ドイツ語、オランダ語など)は、次のような由来があるようです。

  • 日曜日: Sunday/太陽 (Sun)
  • 月曜日: Monday/月 (Moon)
  • 火曜日: Tuesday/北欧神話の天空神テュール
  • 水曜日: Wednesday/アングロサクソンの主神オーディン(ウォドン)
  • 木曜日: Thursday/ 北欧の雷神トール
  • 金曜日: Friday/北欧の愛の女神フレイヤ(フロイア)
  • 土曜日: Saturday/ ローマ神話のサトゥルヌス

スペルは火曜・水曜・木曜が難しいですね。発音しながらスペル練習をすると習得しやすいです。

各曜日に略語もつけてありますので、併せて覚えておきましょう。

日曜日 Sunday (Sun.)

【発音記号】sʌndeɪ
【カナ読み】サンデェイ

 

月曜日 Monday (Mon.)

【発音記号】mʌndeɪ
【カナ読み】マンデェイ

 

火曜日 Tuesday (Tue.)

【発音記号】tuzdeɪ
【カナ読み】チュズデェイ

 

水曜日 Wednesday (Wed.)

【発音記号】wɛnzdeɪ
【カナ読み】ウェンズデェイ

 

木曜日 Thursday (Thu. or Thur.)

【発音記号】θɜrzdeɪ
【カナ読み】サァズデェイ

 

金曜日 Friday (Fri.)

【発音記号】fraɪdeɪ
【カナ読み】フライデェイ

 

土曜日 Saturday (Sat.)

【発音記号】sætɪdeɪ
【カナ読み】サタデェイ

英語での年月日の書き方

英語の月、日、曜日の基本を覚えたところで、次は年月日の表記方法を理解しましょう。

大きくはアメリカ式とイギリス式に分かれます。アメリカ式とイギリス式は月と日の表記が逆なので、数字だけで書いてあると間違えることがあります。注意しましょう。

筆者が高校生のとき、イギリスの本で日付を覚えて真似ていたら、英会話教室のアメリカ人の先生に、「これは5月6日? 6月5日? どっち?」と聞かれたことがありました(笑)

アメリカ式の英語の日付けの書き方

(例)December 1, 2020
  • 月→日→年の純で表記します
  • 日と年の間にカンマが入ります
  • カジュアルなスラッシュ表記:12/1/20
  • 曜日が入る場合:Sunday, December 1, 2020
    ※曜日が先頭にきます。

イギリス式の英語の日付けの書き方

(例)1 December 2020 
  • カジュアルなスラッシュ表記:01/12/20
  • 日→月→年の純で表記
    ※アメリカ式と月日が逆ですので注意
  • 月と年の間にカンマは入りません
  • 曜日が入る場合:Sunday, December 1 2020
    ※曜日が先頭にきます。

公的文書やビジネスの契約書などかしこまった場合の日付表記

(アメリカ式例)
December 1st, 2020 
(イギリス式例)
1st December 2020 
  • 公式な文書であればあるほど略しません
  • 基本的にはその国の基準に従います
  • 紛らわしい日付は略し、その他はフルで表記します
  • 公式書類を記載する際には「mm/dd/yyyy」と記入例があります

オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、インドは何式で表記する?

全てイギリス式で表記します。日本とアメリカ以外は、意外とイギリス式が多いようです。

日本以外のアジア諸国ではミックスされている場合もあるようですが、基本はイギリス式で表記されます。

数字だけの表記で紛らわしいと思ったときには、必ず確認するようにしましょう。

【前置詞が鍵!】英語での日付の書き方番外編

日付の書き方を理解したら、文章でもスマートに表現できるようになりましょう。日付を表記する前には前置詞を使います。

時間、日、年など時間の幅により、使う前置詞が異なります。また、少し例外もありますので、まとめて習得しましょう。

日付の入った例文を準備しましたので、よく観察して理解してみてください。

年と月の場合

I was born in April, 1971.

【意味】私は1971年4月に生まれました。
【発音記号】aɪ wəz bɔrn ɪn eɪprəl, 1971
【カナ読み】アイ ワズ ボルン イン ナインティーンセヴァンティワン

年と月の場合の前置詞はinを使います。

日が入る場合

We went to Disneyland on March 11, 2016.

【意味】私達は2016年3月11日にディズニーランドへ行きました。
【発音記号】wi wɛnt tə dɪznilænd ɑn mɑrʧ 11, 2016
【カナ読み】ウィ ウェント トゥ ディズニランド アン マルチ イレヴァンス トウェンティ スィクスティン

具体的な日が入る場合はonを使います。

曜日と時間の場合

Please arrange the sales meeting on Monday at 10.

【意味】営業会議を月曜日の10時でお願いします。
【発音記号】pliz əreɪnʤ ðə seɪlz mitɪŋ ɑn mʌndeɪ æt 10
【カナ読み】プリーズ アレインジ ザ セイルズ ミーティング アン マンデェイ アットテン

曜日にはon、時間にはatを使います。

何月何日から何日まで

The music event will be held from the 20th of January to the 5th of February.

【意味】音楽イベントは1月20日から2月5日まで開催されます。
【発音記号】ðə mjuzɪk ɪvɛnt wɪl bi hɛld frəm ði 20tieɪʧ əv ʤænjuɛri tə ði 5tieɪʧ əv fɛbjəwɛri
【カナ読み】ザ ミュズィック イヴェント ウィル ビ ヘルド フラム ズィ 20ティエイチ アヴ ジャニュエリ トゥ ズィ 5ティエイチ アヴ フェブルエリ

期間をしめす場合はfrom〜to〜を使います。

英語の日付に使う前置詞のまとめ

日時に使う前置詞を図にまとめると、次のようになります。

at < on < in

基本は時間の幅順に使い分けます。

  • 時間…at
  • 曜日・日にち…on
  • 月・年・季節・時代…in

特例の前置詞

ただし、特例もありますので、要チェックです。

  • noon, night, midnight = at
  • morning, evening =in the

その他の前置詞の使い方

祝日など特定の日(期間)
  • On Christmas day…12/25に
  • At Christmas…クリスマス期間に
  • In the Christmas holidays…クリスマス期間に
inを使った便利な表現
  • in early Jun…6月上旬
  • in the middle of Jun…6月中旬
  • in late Jun…6月下旬

余談:アメリカの大学の学年の表現はおもしろいです。

  • 1年生:freshman (新人)
  • 2年生:sophomore(形容詞sophomoric:気取っているが未熟なという意味があるようです、笑)
  • 3年生:junior(後輩の、年少の方の)
  • 4年生:senior(先輩の、年上の方の)

イギリスでは、1〜4年生を単純にfirst year(student), second, third, fourthと数字で表します。

まとめ

以上、英語での日付けの書き方を解説しました。分かっているようで、時々迷ってしまう日付表記は覚えてしまい、いつでも引き出せるように要点をまとめておくとよいでしょう。この記事をまとめメモ代りに使ってみてください。

書き方、略し方、読み方をしっかりと覚え、前置詞を使い分けて文章にもできるようにするといいですね。また、相手の出身国により、日付表記が異なることにも留意し、間違いが起きないように配慮できるようになりましょう。

The following two tabs change content below.

英語落ちこぼれ中学時代を過ごしました。「魔女の宅急便」に憧れて「外国に住みたい!」と思うようになり、高校時代は英語を猛勉強。その後アメリカ ウィスコンシン州に留学。商社、メーカーでの貿易業を経てライターに。微妙なニュアンスやイメージが分かりやすい記事をお届けします。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー