【インタビュー】ベルリッツ(Berlitz)のことをもっと知りたい方必見!

ペラペラ

英語初心者でもビジネス英語が習得できる英会話スクールのベルリッツ(Berlitz)ですが、

「ベルリッツメソッドってなに?」

「どんなレッスンをするの?」

などなど、公式サイトを見るだけだとわからないことがあります。

そこで、これまでも数多くの英会話スクールにインタビューを行ってきたペラペラ部スタッフが、ベルリッツのカウンセラー加藤様にインタビューを行いました。

ベルリッツ・メソッドのことから講師のこと、教材のことまで、公式サイトでは知ることの出来ない情報を詳しくお聞きしてきました。

ベルリッツの受講を検討している方にとって貴重なお話をお聞き出来ましたので、是非最後までご覧ください。

Interviewees

加藤 陽子さん

ベルリッツ・ジャパン株式会社
コンシューマ第2ソリューション部

ベルリッツメソッドについて

——「言葉とその意味を翻訳なしに直結させ、自然と話せる思考回路となる」とのことなのですが、いわゆる英語脳になるということでしょうか?

頭の中で日本語に変換してしまうと、その分レスポンスのスピードが遅くなってしまいます。英語で考えて英語でアウトプットするのが英語脳と言われます。そういった思考回路を作るのがベルリッツメゾットとなります。

英語と日本語では文法も違います。文章の並びも変わりますので、日本語で理解しようとすると処理速度が遅くなります。また、ニュアンスも変ってしまいます。日本語っぽい英語になならないよう、英語表現として捉えて出すまでの回路を作っていくということです。

——具体的にレッスンではどのように鍛えていくのでしょうか?

英語初級者の方にとって最初は難しいと思いますので、講師が絵を見せてくれたりジェスチャーや、わかりやすいシチュエーションを設定して簡単な英語を使います。

学校教育で英語のベースは皆さまありますので、しまい込んでいる単語などを講師が引き出して、知っている単語から広げていきます。そして、「ここまでは使えるけれども、ここから先が使えない」という部分では、まずは講師が英語で表現してくれます。生徒様にはそれをリピートしてもらいます。口に出して自分で伝えることで脳が反応するようになります。

——ベルリッツは語学だけではなくコミュニケーションスキルも学べるようですが、具体的に教えてください。

文法だけ知っていてもシチュエーションによって会話の内容って変わってきます。例えば、海外赴任や出張が多い方もいれば、病院などで英語を使って働いている方もいます。その人によって必要なスキルが異なります。コミュニケーションを取る場によって必要な内容を講師が教えてくれます。

例えば日本の場合は、何かを説明する際に起承転結が大切とされていて、理屈の部分から入り最後に結論を話されますが、海外では「何が言いたいの?」となり伝わりません。日本人は察する能力に長けており、そのような文化の中で育っているので回りくどく言ってしまいがちです。しかし、コンクルージョンファースト(conclusion first)と言って、結論を先に言わなければ外国人には伝わらないという事が起こります。

会話の相手や状況によってストレートに言ったり、丁寧な言い方が好ましいということがありますので、それは教師が教えてくれます。会話の相手が上司ならばこういう話し方、同僚ならこういう形が良いなどです。

——講師はビジネス経験があり、コミュニケーションスキルも高いのでしょうか?

様々なバックグラウンドを持っている教師がいますし、様々な業種・職種の生徒に教えてきた経験も豊富です。

——英語が流暢に喋れるだけでは世界で活躍出来ないと言われますね。

TPOにあった会話が必要だと思います。例えば社内での会話なのか社外での会話なのか、その場面で会話の内容や振る舞いは変わってきますので、そこを習得していただきます。

——実際にレッスンを受けてみて、会話の最後に質問をすることで会話が広がると教えていただき、とても効果的だと感じました。

「A ++(Answer, Add, Ask)」ですね。質問に答えたら(Answer)、説明を加え(Add)、相手に質問する(Ask)という流れで会話を広げることで、ビジネスの相手と良い関係を築くことが出来ます。

コースとプランについて

——理解度とスキルを測定し、効率的な英語習得のために最適なプログラムを提供してくださるとのことですが、英語初級者にはどのようなプログラムがありますか?

初級者の方ですとまずは文法・語彙を増やした方が良いのですが、ベルリッツメソッドを使ったレッスンと教材がございます。ビジネス英語が目的でしたら、ビジネス用の教材を初級者用にアレンジしたものがございます。

また、英語初級者の方は出来るだけ短期集中コースを受講していただくのがおすすめです。短期間で何度も英語を使う機会を与えることで英語脳に切り替わります。英語を話すことに慣れ、ある程度ご自分で文章を作れるレベルになると自分発信で会話が出来てきますので、そこからはある程度学習ペースを落としても自己学習で会話を習得できるようになってきます。

——生徒の英語レベルはどのように把握されるのでしょうか?

体験レッスンで講師が把握します。会話の中の文法の難易度で判断します。例えば、

What did you eat this morning?
(今日の朝何を食べました?)

という、単純な過去形の会話がクリア出来ているようなら、続けて

Where have you been before?
(今までどんな国に行ったことがありますか?)

「have you been」となると少し上級になります。

中級・上級の文法を講師が使い分け、会話の中で判断していきます。

——受講者の65%が初級者とのことですが、中学英語レベルでも大丈夫でしょうか。

講師が身振り手振りを使って教えてくれるのと、絵を見てわかるピクチャーブックというものがあるので、超初級者でも大丈夫です。単語に関しては絵に単語が書いてあったり、講師が違う表現をしてくれます。

レッスンでの会話も、最初に講師から「こういったことを話しましょう。それに必要な単語はこれですよ」といったデモンストレーションがあります。教わった単語を文章に当てはめて何度も練習をします。最後にロールプレイをし、出来たと実感していただきます。

英語で考える力を身につけていただくために、ベルリッツメソッドでは日本語を使うことを禁止していますので最初は不安かと思いますが、皆さん直ぐにナチュラルなスピードで講師と会話できるようになります。

——ビジネスコースと日常会話コースのを教えてください。

レッスン中の会話シチュエーションが違ってきます。ビジネスコースでしたら上司への報告、クライアントとの会議や商談、同僚に何かをお願いするといった仕事に関する会話が多いです。日常会話コースでは友達を食事に誘う、旅行の経験を話すなどです。

——そもそも、ビジネス英語と日常英会話に違いはあるのでしょうか?

英語には敬語がないと言われますが、丁寧かカジュアルかはあります。例えば挨拶一つでも、相手がクライアントなのか同僚なのか友人なのかで違います。また、使う単語も変わってきます。

——ベルリッツの考えるビジネス英語とはどのようなものでしょうか?

グローバルで活躍できる人材を育成しサポートするのが私たちの使命です。日本国内で通用する英語だけでなく、世界中どこでも通用する英会話を身に付けていただきたいというのが根底にあります。

また、文化の違いという面でのコミニケションの取り方もレッスンで教えております。例えば日本のミーティングでは5分~10分前に集合し、時間が過ぎてしまっても質疑応答を継続して議論することがありますが、外国の場合は時間ピッタリに開始してきっちり時間内に終わり、ミーティングの内容が濃いです。そういった日本との文化の違いを伝えています。

議論の内容も違う部分が多く、ストレートな伝え方になることもあるので日本人特有の遠慮の文化は通用しません。丁寧かつ自分の主張をしっかり伝える方法も教えています。

TOEIC®の受験対策コースについて

——ホームページに書かれている「英語コミュニケーションスキルの基盤」とはどういうものなのか?

英語コミュニケーションスキルの基盤とはベルリッツメソッドのことになります。

——具体的なレッスン内容を教えてください。

問題を解く解法を教えるだけでなく、コミュニケーションを取るためのロジックを講師が教えてくれます。

レッスンの流れはまず、発音やリスニングのコツを教えていきます。音声が聞き取れないのはなぜか?それは自分がそう話していないから。じゃあ聞き取れるようになるために、まずは自分で話せるようになりましょうというレッスンをします。続いて文法では、会話のスピードを徐々に上げながら反射的に正しい文法を使えるように練習します。

このように回答するだけでなく、リスニングもスピーキングもやりながら問題を解く練習もするのがベルリッツのTOEIC®受験対策コースです。

——自己学習のサポートもあるようですが、どのようなサポートをしてくださるのですか?

自己分析シートと自己学習シートを講師がチェックをしながらフォローアップしてくれます。ご自身の進捗を可視化出来るので本人のモチベーション維持にもつながります。レッスンの中でちゃんと理解しているのかどうかを逐一確認しながら次に進むようにしています。クラスは最大6名ですが、発言しやすい空気を講師が作ってくれています。質問すればわかるまで説明してくれます。

自己分析シートに関しては、グループ全体へのコーチングのような形で「いつまでに何ページまで進めてください」と宿題のようにやってもらいます。

使用する教材は市販されている教材ですが、自己学習シートや問題集、ミニテストは教師が作ったベルリッツオリジナルのプリントになります。

——プロの日本人カウンセラーが弱点を克服する学習方法をサポートしてくれるということですが、弱点とはどのように分析するのでしょうか?

カウンセリングは任意なのですが、希望する場合は模擬試験を二時間分やってもらいます。試験のスコアを分析して苦手パートなどの弱点を洗い出し、どのような自己学習がスコアアップに効果的かをアドバイスします。

——カウンセリングには別途費用がかかるのでしょうか?

カウンセリングに追加費用はいただいておりません。ベルリッツのカウンセリングのシステムですが、入学の際に専属のカウンセラーがつき、定期的にカウンセリングを行わせていただきます。

まず、最初の10レッスンを受講したあたりで、ご自身の学習法や講師のローテーションをどうするかといったことに皆様悩まれます。そのタイミングで一度カウンセリングさせていただいて、それ以降のレッスンをアジャストするような形になります。例えば講師に厳しく直してほしいとか、細かすぎずにしてほしいなどのご要望をヒアリングし、講師にも共有させていただきます。

ご来校が難しい方はオンラインや電話、メールでのカウンセリングもさせていただいております。

レッスンについて

——生徒の仕事内容に合わせてレッスンをカスタマイズしてくれるとのことですが、生徒の業種、職種に合わせてくれるのでしょうか?

講師は経験豊富な講師が多く、受講生のご要望に特化した内容に合わせてカスタムしたレッスンを行っております。

例えばプレゼンのレッスンをしたいのであれば、プレゼンの資料をお持ちいただいてそのまま練習を行えますし、学会の発表もお手伝いさせていただくこともあります。医師の方でしたら患者様の質疑応答をどうしたらいいのか、内容に合わせたものを実施しております。

——実践的な英語が学べるとのことですが、具体的に教えてください。

コールセンターに勤務されている方で英語のやりとりが必要な方を例に出すと、オンラインでしたら画面OFFでロールプレイを行っています。そのように生徒様のお仕事に合わせたシチュエーションで会話を実践することがきます。

生徒様が入学されたら、どのような会社にお勤めで、どのような状況でどのような会話が必要なのかをヒアリングし、講師に共有します。レッスンの初めにウォーミングアップの時間があるのですが、そこでどのようなシチュエーションでレッスンを行い、ロールプレイするかのゴール設定を行います。実践的なシチュエーション設定を行うことで、習った英語を翌日からすぐに仕事で実践していただけます。

——マンツーマンレッスン、プライベートレッスンのそれぞれのメリットを教えていただけますでしょうか?

マンツーマンレッスンは40分間、沢山アウトプット出来るのが最大のメリットです。もちろん、レッスン内容を一人一人に合わせてカスタマイズ出来ます。また、レッスンの予約もご自身のスケジュールに合わせて自由に出来ます。

少人数制のプライベートレッスンのメリットですが、人前で話すことへの抵抗感を緩和させることが出来ます。

講師について

——英会話コースの講師は全員外国人ですか?

そうです。70か国以上の講師がおります。

——講師の採用に関しては世界基準があるようですが、どのような基準でしょうか?

英語力の基準として、ネイティブあるいはネイティブと同等の英語力であることをクリアしている必要があります。それに加えて大学卒業資格の基準もあります。

——語学力以外にも人間力、コミュニケーション力を重視されているとのことですが、その理由を教えてください。

ベルリッツは言語を通じて将来のキャリア形成をサポートしておりますので、生徒様がどの様なお気持ちでレッスン受けているのか、その気持ちを理解できる人間力を備えている必要があります。また、単なる教える人でなく、生徒様が上達するためにはどうしたらいいのかを考えて教えられる能力も大切な基準です。

そして、ビジネスマンとしてのバッググランドがあるかどうかも重視しております。

——採用しているのは日本在住の外国人ですか?

日本以外の国のベルリッツ教師が教えているケースもあります。教え方のベースとなるベルリッツメソッドは世界共通ですので、国によって教え方が大きく変わるということはありません。

——日本人カウンセラーの役割を教えていただけますか?

生徒様一人一人に専任の日本人カウンセラーが付き、自己学習の方法や講師への要望をお聞きして講師に仲介するといったことも行います。また、学習スケジュールやレッスンのペースのご相談も承ります。

カウンセラーはいつもランゲージセンターにおりますので、レッスン前にご相談いただくことも出来ますし、じっくりお話されたいのでしたらお時間をお約束させていただくことも出来ます。

——入学後に行われるオリエンテーションはどのようなことをするのでしょうか?

自己学習の方法のお伝えや、マインドセットを行います。「英語学習を始めるにあたって最低でもこのくらいの時間は自己学習してください」や、どのくらいの期間でどこまで上達されたいかのゴール設定も行います。

教材について

——レッスンではベルリッツオリジナルの教材を使用するようですが、どのような特徴がありますか?

世界中のベルリッツで共通して使われているオリジナル教材です。日本視点ではなく世界視点で作られており、世界中どこでも通用する内容であることが特徴です。これまでのレッスンで蓄積されたデータや講師の声も取り入れ、有効なフレーズを取り入れています。

——自宅学習用として市販の教材を購入する必要はありますか?

基本的には予習・復習も含めてベルリッツのオリジナル教材だけで完結できるようになっております。

学習方法についてご相談いただく中で、市販の本やアプリなどをオススメする場合もあります。

編集後記

以上、ベルリッツでカウンセラーをされている加藤様へのインタビューでした。

世界でグローバルに活躍出来る英語を教えてくれるという点は他のスクールと大きく違うベルリッツ最大の魅力だと思います。

英語が流暢に話せるだけで活躍することは出来ません。大切なのはビジネスの場でアピールするコミュニケーションスキルです。

ベルリッツのレッスンで重視している「A ++(Answer, Add, Ask)」、質問に答えたら(Answer)、説明を加え(Add)、相手に質問する(Ask)は是非レッスンで体験してもらいたいです。

英会話スクール選びで迷っている方、一度無料体験レッスンを受けてみてはいかがですか?

公式サイトへのリンクバナー

The following two tabs change content below.

ディレクター・編集者(詳しいプロフィールを見る

「自分自身で体験したことを読者にわかりやすく伝える」ことを一番大切にし、英会話スクール運営会社の代表者、担当者へのインタビューをはじめ、30以上のサービスを取材。各サービスの良いところだけでなく、良くないところも含めて体験した者だからこそわかる情報を発信している。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー