「よろしくお願いします」の英語フレーズ55選~ビジネスから日常生活まで~

2019年10月3日

ペラペラ

便利な日本語「よろしくお願いします」。一日中、あちこちで使いますね。特にビジネスなら「よろしくお願いします」のオンパレード。商談や会議、面接のときに挨拶、頼み事、お礼、催促、協力の要請など広範囲の表現で使われます。

でも、英語で「よろしくお願いします」を何といえばいいのでしょうか。そういえば、英語の授業でも習った記憶がないですよね?

基本的に「よろしくお願いします」という英語の表現はない

実は、日本語のようにどの場面でも使える共通の「よろしくお願いします」という英語表現はありません。その場に応じて具体的な表現をするからです。いつも無意識に「よろしくお願いします」を使っているのですから、「代わりに具体的な表現をすればいい」と言われても、ピンとこないですよね。

「よろしくお願いします」は日本特有の表現です。さまざまな場面に一言で簡単に済ませることができて便利ですが、同時に曖昧さを含んでいます。それでも意味を伝えることができるのは、言わんとすることをお互いに察することができるからです。

であれば、「よろしくお願いします」を英語に上手く変換するには、逆の発想で考えるのがポイント。つまり「言いたいことをハッキリ言う」です。英語では相手は空気を読んでくれませんから、自分の言いたいことを丁寧に言語化すればいいのです。

具体的には次の3ステップで「よろしくお願いします」を言語化すればOKです。

  1. 相手に「よろしくお願いします」で何を伝えたいのかをはっきりさせる
  2. それを日本語で「よろしくお願いしいます」抜きで表現してみる(※日本特有の謙遜、卑下などは混ぜないこと)
  3. 英訳する

以下、例文を使って説明します。

【例】いつもの日本語:「ケビン・ジョーンズと申します。今日からセールスマネージャーとしてお世話になります。どうぞよろしくお願いします。」

  1. 「よろしくお願いします」で伝えたいことをはっきりさせる
    ・入社してこの場にいられることが嬉しい
    ・一緒に働けることが楽しみ
    ・同僚と仲良くしたい
  2. 日本語で「よろしくお願いしいます」抜きで表現してみる
    「ケビン・ジョーンズと申します。本日からセールスマネージャーとして働きます。この場にいられることができて幸せです。これからみなさんと一緒に働けることがとても楽しみです。どうぞ気軽に話しかけてください。」
  3. 英訳する
    My name is Kevin Jones, I’ll be working as a sales manager from today. I am very happy to be here and so excited to work all of you. Please feel free to talk to me. Thank you.

いかがでしょうか。上の3つのステップで考えてみると、英語の「よろしくお願いします」を理解しやすくなるはずです。曖昧な日本語を丁寧に言語化するクセをつけると英語らしい表現に近づけることができます。最初は難しいかもしれませんが、慣れるまで繰り返してみてください。

以上、英語変換方法を頭の片隅に置きつつ、「よろしくお願いします」的に使える英語フレーズを習得していきましょう。そうすれば、「なるほど、具体的に表現するとはこういうことか」と納得できるはずです。

この記事では、次の7つのシーン別「よろしくお願いします」的なフレーズを集めました。

  1. 初対面の「よろしくお願いします」
  2. 別れ際の「これからもよろしくお願いします」
  3. 頼みごとをした/されたときの「よろしくお願いします」
  4. 「お世話になります」の「よろしくお願いします」
  5. 「〇〇によろしくお伝えください」
  6. ビジネスシーンのいろいろな「よろしくお願いします」
  7. 今年も/来年も「よろしくお願いします」

会話や回答例を含め、55の即戦フレーズを紹介しています。じゃんじゃん使って、どんどんアレンジしながら習得してくださいね!

初対面の「よろしくお願いします」

まずは、初対面の「よろしくお願いします」です。英語では「お会いできて嬉しいです」と表現するのがピッタリです。3つの基本フレーズを覚えておきましょう。

お会いできて嬉しいです。

Nice to meet you.

発音記号:naɪs tu mit ju

カナ読み:ナイストゥ ミーチュー

定番の挨拶フレーズです。「はじめまして」と訳されることも多いですね。「よろしくお願いします」という気持ちも込みだと思ってOKです。Pleasure to meet youも同じ意味で使えます。オンラインゲームで「よろしく!」と挨拶するときは、HiでOKですよ。

I am pleased to meet you.

発音記号:aɪ æm plizd tu mit ju

カナ読み:アイ アム プリズド トゥ ミーチュー

とても丁寧な言い方で、フォーマルでもよく使われます。印象のよいフレーズです。就活の面接で「よろしくお願いします」と言いたいときにもピッタリです。

こちらこそ、よろしくお願いします。

Nice to meet you, too.

発音記号:naɪs tu mit ju, tu

カナ読み:ナイス トゥ ミーチュー トゥ 

Nice to meet you(よろしくお願いします)と言われたときの返答です。

別れ際の「よろしくお願いします」

初対面での会話後、別れ際に「今後もどうぞよろしくお願いします」と日本語で言いたくなるシーンに使えるフレーズを3つ紹介します。

お会いできてよかったです。

Nice meeting you.

発音記号:naɪs ˈmitɪŋ ju 

カナ読み:ナイスミティング ユー 

別れ際に使えるフレーズです。初対面に限らず使えます。「今後もどうぞよろしくお願いします」という直接的な意味はありません。儀礼的な挨拶ですが、素敵な笑顔を添えれば、今後によい印象を残せるでしょう。

連絡を取り合いましょう。

Let’s keep in touch.

発音記号:lɛts kip ɪn tʌʧ

カナ読み:レッツ キーピン タッチ

「今後も会いましょう」「お近づきになりましょう」と言いたいときに使えるフレーズ。電話番号やメールアドレスを交換するきっかけにできますね。

またお会いできることを楽しみにしています。

I am looking forward to seeing you again.

発音記号:aɪ æm ˈlʊkɪŋ ˈfɔrwərd tu ˈsiɪŋ ju əˈgɛn

カナ読み:アイ アム ルッキング フォワード トゥ スィイング ユー アゲン 

Let’s keep in touchの後に添えてもいいですね。定番のフレーズです。

頼み事をした・されたときの「よろしくお願いします」

「よろしくお願いします」は頼み事として一番よく使われているかもしれないですね。英語で頼み事をするときは、Please~(~してください)が一般的です。他には疑問形で「~をお願いできますでしょうか」という言い方があります。よく使われるので、型として覚えておきましょう。

  1. (カジュアルなたずね方)友達や家族、同僚にお願いするとき
    ・Can you~?(~してもらえますか)
  2. (丁寧なたずね方)年上や立場が上の人にお願いするとき、フォーマルなシーンのときに
    ・Could you~? (~していただけますでしょうか)
    ・Would you~?(~していただけますでしょうか)
    ・Do you mind ~ing?(~していただくことはご迷惑でしょうか?)

この4パターンを使った会話例を5シーン16フレーズでまとめましたので、声に出して練習してみてください。

Could you~? (~していただけますでしょうか)を使ったフレーズ

あなた:電話に出なかったら、伝言をよろしくお願いします。

Could you leave me a message if I can’t answer?

発音記号:kʊd ju liv mi ə ˈmɛsəʤ ɪf aɪ kænt ˈænsər

カナ読み:クジュー リーヴ ミー アメッセージ イフ アイ キャントアンサア? 

丁寧な言い方Could you~を使ったフレーズです。Leave a messageは「メッセージを残す」Answerには「電話に出る」という意味もあります。ちなみに、留守番電話はanswering machineです。

相手:承知しました。

Sure.

発音記号:ʃʊr.

カナ読み:シュア 

Sureは「確かに」という意味です。もっともよく使われる「承知しました」です。

あなた:よろしくお願いします。

Thank you.

発音記号:θæŋk ju.

カナ読み:テインキュー

頼みごとをして、承諾してもらった後の「よろしくお願いします」にぴったりの表現はThank youですね。

Would you~?(~していただけますでしょうか)を使ったフレーズ

あなた:大変恐縮ですが、スミスさんにこの荷物を届けていただけないでしょうか。

I am terribly sorry to ask you , but would you hand this package to Mr. Smith for me?

発音記号:aɪ æm ˈtɛrəbli ˈsɑri tu æsk ju , bʌt wʊd ju hænd ðɪs ˈpækəʤ tu ˈmɪstər. smɪθ fɔr mi

カナ読み:アイ アムテリブリー サーリー トゥ アスク ユ , バット ウッジュー ハンド ズィス パッケイジ トゥ ミスター スミス フォー ミー

丁寧な言い方Would you~を使ったフレーズです。Terriblyはsorryの修飾語で、「大変恐縮ですが」「本当に申し訳ありませんが」と、かしこまった言い方を表現できます。

相手:もちろん。仕事の後で彼の家に立ち寄りますよ。

Of course. I will stop by his place after work.

発音記号:ʌv kɔrs. aɪ wɪl stɑp baɪ hɪz pleɪs ˈæftər wɜrk

カナ読み:オフ コース アイ ウィル スタップ バイ ヒズ プレイス アフタア ワーク 

Sureと同じような意味で、「もちろんです」と言いたいときに。Stop byは玄関先にちょっと立ち寄るというニュアンスで使います。

あなた:ありがとうございます。とても助かります。

Thank you very much.  That would be helpful.

発音記号:θæŋk ju ˈvɛri mʌʧ.  ðæt wʊd bi hɛlpfəl

カナ読み:テインキューユヴェリ マアチ  ザット ウゥド ビー ヘルプフル 

Thank youにThat would be helpfulを合わせると、とても丁寧な「どうぞよろしくお願いします」を表現できます。

Do you mind ~ing? (~していただくことはご迷惑でしょうか?)を使ったフレーズ

あなた:来週の飲み会の幹事をお願いすることはご迷惑でしょうか。

Do you mind organizing the drinking party next week?

発音記号:du ju maɪnd ˈɔrgəˌnaɪzɪŋ ðə ˈdrɪŋkɪŋ ˈpɑrti nɛkst wik

カナ読み:ドゥ ユー マインド オーガナイズィング ザ ドリンキングパーティ ネクスト ウィーク

丁寧な言い方Do you mind ~ingを使ったフレーズです。「mind」は「気にする」という意味で、直訳は「あなたは~することを気にしますか?」です。

返答で承諾したい場合は「No.(私はそれを気にしません)」、断りたい場合は、「Yes.(私はそれを気にします)」と答えます。「飲み会の幹事をする」は英語で「ドリンキングパーティーをオーガナイズする」と表現します。

相手:いいえ、全く。喜んでお引き受けします。

Not at all. My pleasure.

発音記号:nɑt æt ɔl maɪ ˈplɛʒər

カナ読み:ナッアットール マイプレジャー

Not at all=I don’t mind at all(まったく気にしません)です。Of course notでも代用できます。My pleasureはThank youの返答「どういたしまして」としても、よく使われます。「それは私の喜びです」という意味です。

あなた:よろしくお願いします。

I knew you were the one.

発音記号:aɪ nu ju wɜr ðə wʌn

カナ読み:アイ ニュー ユア ザ ワン

「さすが、あなたね」というニュアンスです。ぴったりな役回りだと表現したいときに使えるフレーズ。I knew you could do it(あなたならやってくれると思った)でもいいですね。

Can you~?(~してもらえますか)を使ったフレーズ

この話は今のところ私たち二人だけの間にとどめてほしいんだ。約束してもらえるだろうか。

This is just between you and me for now. Can you keep a secret?

発音記号:ðɪs ɪz bɪˈtwin ju ænd mi fɔr naʊ  kæn ju kip ə ˈsikrət

カナ読み:ズィス イズ ビトウィン ユー アンド ミー フォー ナウ  キャン ユー キープ ア スィクラト? 

Can you~を使ったフレーズ。Keep a secretは「約束を守る」という意味。This is between you and me(これはここだけの話)は日ごろよく使われる表現なので、覚えておきましょう。

相手:もちろんです。

Absolutely.

発音記号:ˌæbsəˈlutli

カナ読み:アブサルートリ

Absolutelyは「絶対に」という意味。硬く約束するときに使えます。

あなた:ありがとう、よろしく頼んだよ。

Thanks. I trust you.

発音記号:θæŋks. aɪ trʌst ju

カナ読み:サンクス アイ トラスチュー 

I trust youは「あなたを信頼している」という意味。「信頼しているから、よろしくね」というニュアンスで使えます。

Can i~?(私は~してもよいでしょうか)を使ったフレーズ

マイク、君の車を明日だけ貸してくれないか。

Mic, can I borrow your car just for tomorrow?

発音記号:mɪk, kæn aɪ ˈbɑˌroʊ jʊər kɑr ʤʌst fɔr təˈmɑˌroʊ

カナ読み:マイク キャナイ バロー ユア カア ジャスト フォー タマロー

Can you~?をCan I?に変えると、「私は~してもよいでしょうか」と許可を願い出る表現になります。これも「よろしくお願いします」の一種ですね。「~したく、よろしくお願いします」というニュアンスです。

相手:どうしようかなあ・・・新車なんだよね。

What should I say?  This is brand new.

発音記号:wʌt ʃʊd aɪ seɪ?  ðɪs ɪz brænd nu

カナ読み:ワット シュド アイ セイ  ズィス イズ ブランド ニュー 

What should I sayは直訳すると「私は何と言うべきだろうか」という意味。迷っているときに「どうしよかなあ」というニュアンスで使います。Well…(そうねえ・・・)、Let me see(えーっと・・・)、Let me think(考えさせて)でもいいですよ。

あなた:いいでしょ?本当にお願い!彼女をドライブに連れていきたいだ。

Say Yes. Please, I really need your help. I wanna take her out for a drive.

発音記号:seɪ jɛs.  pliz, aɪ ˈrɪli nid jʊər hɛlp. aɪ ˈwɑnə teɪk hɜr aʊt fɔr ə draɪv

カナ読み:セイ イェス  プリ-ズ, アイリイリイ ニ-ジュアヘルプ アイワナ テイク ハー アウト フォー ア ドライヴ 

What should I say?に対し、Say Yesと答えると「イエスというべきだよ=いいでしょ?」という意味に。Pleaseを「プリーーーーーズ」と引き伸ばして発音すると「おーねーがーい!」という感じを表現できますよ。I really need your help(あなたの助けが本当に必要だ)は「本当にどうにかよろしく頼むよ」というニュアンスで使えます。

【回答】仕方ないな、今回だけだぞ。

Ok, but just this time.

発音記号:ˈoʊˈkeɪ, bʌt ʤʌst ðɪs taɪm

カナ読み:オーケイ バット ジャスト ズィス タイム

「仕方ないな」と言いたいときは、もったいぶってOKと言ってみましょう。OKの代わりにFineでもいいですね。

次のページ:お世話になります/よろしく頼みます。

The following two tabs change content below.
ティナ

ティナ

フィリピン人の父と日本人の母を持つハーフです。10歳までフィリピンで過ごし、英語と日本語のバイリンガルです。英語学習に役立つ記事をお届けします。