1分でわかる!stupidとidiotの違いと正しい使い方

公開日:2018年7月23日
更新日:

カテゴリー: ワンポイント英会話

アイキャッチ画像

英語で「馬鹿」を表す場合、stupidとidiotの2つの表現があります。どちらも同じ意味ですが、これらのちょっとしたニュアンスの違いを理解していない人が多く見られます。

例えば、「それは愚かな間違いです」を英語に変換したい場合、以下2つのどちらが正しいかわかりますか?

  1. That is a stupid mistake.
  2. That is a idiot mistake.

正解は1の「That is a stupid mistake.」です。stupidは「愚かな・馬鹿げた・物事の判断力や理解力に欠けている人の」様子を表す形容詞です。この場合、”愚かな間違い”というのは”馬鹿げている間違い(行動)”を表しているのでstupidを使います。

idiotはstupidと同じ意味ですが、「愚か者」「馬鹿者」のように指す対象は”人”に限定する表現なので、ここで使うと英語表現が成り立たなくなってしまいます。

このように同じ「馬鹿」という意味の単語でも、間違った使い方をすると相手を不快にさせてしまうことがあるので、それぞれの異なるニュアンスや正しい使い方を理解する必要があります。

今回は、そんな日本人が意外と知らないstupidとidiotの違いを説明するとともに、正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

また、stupidとidiot以外の「馬鹿」という表現に似ている単語にについてもお話ししていきます。

stupidとidiotの違い

違いについて悩む女性のイメージ画像

stupidとidiotの違いは、「馬鹿」を指す対象が人に限定されるかそうでないかです。

stupidは、(人を苛立たせる)愚かさ・判断力や理解力に欠けている人の様子を表します。また、行動・発言・判断そのものなどを形容する際にも使われます。

idiotは、馬鹿・まぬけ・白痴などと言った意味あり、指す対象は”人”に限定されます。例えば、「あなたは馬鹿です」「私は馬鹿です」などを言いたい場合はidiotを使って表します。

stupidの使い方

stupidの使い方について、例文を使って説明します。

「この忌々しい携帯電話は動きません」

This stupid mobile phone doesn't work.

馬鹿なことはやめてください!」

Don't be stupid

「私は頭悪い人が苦手です」

I don't like stupid people.

idiotの使い方

idiotの使い方について、例文を使って説明します。

「彼女は折り紙つきの馬鹿である」

She is certifiable idiot.

「私は世間で言うアホです」

I'm what the world calls an idiot.

「私はあなたに馬鹿にされている感じがします」

I feel like you are making a huge idiot out of me.

理解度チェックテスト

テストのイメージ画像

それではここで、stupidとidiotを正しく使い分けることができるか、いくつかテストをしましょう。

以下の英文の(カッコ)の中には、stupidかidiotのどちらかが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. It's ( )to read letters like that.
    そんな手紙を読むのは馬鹿げている。
  2. Irony is wasted on the ( ).
    皮肉は愚か者に通じません。
  3. My younger brother must be such an ( ).
    私の弟はなんで馬鹿なのでしょう。
  4. He always cheat with ( )techniques.
    彼は常に馬鹿な方法で不正行為をします。
  5. I was tired to play the ( ).
    私は馬鹿な振りをするのをが疲れました。

「バカ」という表現に似ている英単語

「馬鹿」という意味の単語はstupidとidiot以外にもあります。それらがどのように使用されるのか、馬鹿さの度合い順で例文を使って説明します。

silly(☆)

sillyは、馬鹿さの度合いが最も低い「愚かな」「馬鹿な」という意味です。日本語で言う「お馬鹿さん」「アホ」などに近い、どちらかというと親しみを込めて、友人や家族に対して使われることが多い表現です。

以下のように使われます。

Don't be frightened,silly!(怖がらなくていいんだよ~お馬鹿さんだね!
I have no faith in a silly superstition.(私は馬鹿な迷信などは信じません)
I'm weary of listening to her silly talk.(私は彼女のつまらない話を聞き飽きました)

foolish(☆☆)

foolishは、常識や良識が欠けている・知能が足りない「馬鹿な」「愚かな」などと言った意味です。日本語で言う「頭が悪い」と同じニュアンスであり、冗談を言う場合によく使われる表現です。

以下のように使われます。

It wasn't foolish!頭悪いね~!)
She says she has been foolish.(彼女は馬鹿なことをしたと言っています)
This was a foolish plan.(これは馬鹿げた計画です)

jerk(☆☆☆)

jerkは、間抜け・無神経・気が障る・自分勝手に動く人などを指す「馬鹿」という意味です。日本語でいう「ムカつく奴」と同じニュアンスであり、英語圏では非常に下品な表現として使われます。

以下のように使われます。

He was a jerk.(彼は間抜けでした)
Your ex is such a jerk!(あなたの元カレって本当に嫌な奴!
There are some jerks I just can't get on with.(私と気が合わない人がいます)

dumb(☆☆☆☆)

dumbは、頭の回転が遅い・口の聞けない・のろまな人を指す「馬鹿」という意味です。日本語で言う「トロくて鈍い人」というニュアンスと同じですが、英語圏では基本的にひどい差別用語・侮蔑用語として使われる表現です。

以下のように使われます。

She is too dumb to fear danger.(彼女は馬鹿なので、怖いもの知らずです)
She is so dumb.(彼女は鈍いです)
She played dumb.(彼女は何も言えないふりをしました)

moron(☆☆☆☆☆)

moronは、知恵遅れ・精神年齢が8歳~12歳レベルの成人を表す「馬鹿」という意味です。日本語で言う「低能」というニュアンスと同じであり、こちらも英語圏では相当ひどい差別用語・侮蔑用語として使われる表現です。

以下のように使われます。

Are you a moron?(お前は馬鹿か?)
You should stay away from him like that before you turn into a moron.(馬鹿が移る前にその彼と関わらない方がいいよ)
Get out of here,you fucking moron!(ここから出ていけ!くそ馬鹿野郎!

まとめ

今回はstupidとidiotの違いやそれ以外の「馬鹿」を表す表現についてもお話ししてきました。

おさらいしますと、

  • stupid=(人を苛立たせる)愚かさ・判断力や理解力に欠けている人の様子
  • idiot=馬鹿・まぬけ・白痴などと言った人そのもの

を表します。stupidもidiotもまったく同じ意味で口語的です。どちらもその「馬鹿さの度合い」は非常に高いことを表すのであまり気軽に使用しない方が無難ですが、理解しておくくらいが良いかと思います。

テストの答え

  1. stupid
    ”読むのは馬鹿げている”は行動を指しているのでstupidを使います。
  2. stupid
    ”愚か者に通じない”は行動を表すのでstupidを使います。
  3. idiot
    ”弟は馬鹿”は人を指しているのでidiotを使います。
  4. stupid
    ”馬鹿げた方法”は行動を行動を指しているのでstupidを使います。
  5. idiot
    ”馬鹿な振り”をしているのは”人(自分)”なのでidiotを使います。
The following two tabs change content below.
ティナ

ティナ

フィリピン人の父と日本人の母を持つハーフです。10歳までフィリピンで過ごし、英語と日本語のバイリンガルです。英語学習に役立つ記事をお届けします。

-ワンポイント英会話

Copyright© ペラペラ部 , 2018 AllRights Reserved.