1分でわかる!aboveとoverの違いと正しい使い方

公開日:2018年6月18日
更新日:

カテゴリー: ワンポイント英会話

アイキャッチ画像

英語で「~の上に」と表す際、「above」もしくは「over」という前置詞の表現を使います。これは中学校の英語の授業で習うのですが、「ほとんど同じ意味」だと捉え、それぞれの意味や使い方の違いを理解していない人が多く見られます。

例えば「彼女はTシャツの上にジャケットを着た」と言いたい時、以下2つでどちらが正しいかわかりますか?

  1. She wore a jacket over her t-shirt.
  2. She wore a jacket above her t-shirt.

答えは1です。どちらも似た意味で伝わりますが、この“over"には「覆う(覆いかぶさる)」という意味もあるので、この場合は「Tシャツの上にジャケットを着た」というニュアンスで捉えることができます。

一方、”above”を使った場合は「彼女は、Tシャツの“上の方”にジャケットを着た」という意味になるので若干ややこしくなってしまいます。

したがって、このちょっとした違いを理解していないと、自分の言いたいことがネイティブに伝わりにくくなってしまいます。

今回は、そんな日本人にとって紛らわしい「above」と「over」の違いについて説明するとともに、正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

また、「above」と「over」以外の「~の上に」という意味で使われる単語とその正しい使い方についてもレクチャーさせていただきます。

aboveとoverの違い

違いについて悩む女性のイメージ画像

aboveとoverの違いは、「上」を表す位置です。

aboveは「~よりも上」という意味で、位置・立場や基準よりも“上”であることを表します。

例えば「鳥が海の上を飛んでいる」と言いたい場合、「birds are flying above the sea.」と表しますが、これは「海の上を(移動しないで)飛んでいる」となり、一定の場所に留まって飛んでいるというニュアンスになります。

「立場よりも上」だということを表す場合は、「He is above her in the office.」(彼はこの会社で彼女より立場が上です)となります。

また、「基準よりも上」を表す場合は、「People above 19 years of age can drink alcohol in Japan.」(日本では20歳以上の人達がお酒を飲むことができます)となり、あるものに対して人や物が基準を超えていたりすることを「above」という表現でも使われます。

一方overは「~の上」という意味で、その上を「覆っている」・「跨っている」・「移動している」様子を表します。

例えば、「鳥が海の上を飛んでいる」と言いたい場合、「Birds are flying over the sea.」と表しますが、今度は「海の上を(移動して)飛んでいる」ということになります。

overのその上を「覆っている」様子を表す場合は、「She put her hands over her face.」(彼女は顔を両手で覆い隠した)となります。

また、「跨っている」様子を表す場合は、「There is a bridge over the river.」(川に橋がかかっている)橋の上を“超えている”というニュアンスになります。

aboveの使い方

aboveの使い方について、例文を使って説明します。

「飛行機は雲の上を飛んでいた」と言いたい場合

The plane was flying above the clouds. 

「彼は私よりも上役です」と言いたい場合、

He is above me in rank. 

「そのコンサートには、1000人を上回る人々がいました」と言いたい場合、

There were above 1000 people at the concert.

overの使い方

overの使い方について、例文を使って説明します。

「彼女は肩にタオルをかけている」と言いたい場合、

She have a towel over one’s shoulders.

「彼は垣根を飛び越えた」と言いたい場合、

He jumped over a fence.

「彼女は30歳を超えていた」と言いたい場合、

She was over thirty.

使い分けの感覚をつかむコツ

aboveとoverの使い分けの感覚を掴むコツをイラストで説明します。

aboveとoverの使い分けの感覚を掴むコツを説明するイラスト画像

青色の飛行機&雲・・・ above

移動したりせず、単に対象物よりも“位置が遥かに上”であること。

例)A plane is above my head.(飛行機は私の頭上を飛んだ)

飛行機は移動しますが、対象物(me)より遠くで動きがゆっくりに見える(移動していないように見える)ため、この場合は「above」で表します。

赤色の矢印&猫・・・over

移動したり、覆っていたりしてかつ、対象物よりも“位置が上”であること。

例)The cat is over my head.(猫が私の頭上を飛んだ)

理解度チェックテスト

テストのイメージ画像

それではここで、aboveとoverを正しく使い分けることが出来るか、いくつかテストしましょう。

以下の英文の(カッコ)の中にはaboveかoverのどちらかが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. I think she is ( )
    彼女は60歳を超えていると思います。
  2. There is a panda in the tree ( )the bench.
    ベンチの上の木にパンダがいます。
  3. Takahashi is ( )me in the company.
    高橋氏は、会社では私より地位が上です。
  4. There is a waterfall ( )the bridge.
    その橋より上流に滝があります。
  5. My house is ( )the street.
    私の家は通りの向こう側です。

「~以上」を表すその他の英単語

「~以上」を表す英単語はaboveとover以外にも存在します。それらの英単語がどのように使用されるのか、例文を使って説明します。

on

onは、「~の上に」「~接して」「~の表面に」などと言った意味です。

以下のように使われます。

There is a cup on the table.(テーブルの上にはコップがあります。)
I live on tachikawa street.(私は立川通り住んでいます)
She lives in a village on the frontier.(彼女は、国境面した村に住んでいる。)

up

upは、(低い位置から)上の方へ、上へ、上がるなどと言った意味です。

以下のように使われます。

Look up at the sky.(空を見上げる
Stand up.(立ち上がる
I rise up tomorrow.(私は明日起きします。)

top of

top ofは、何かの「頂上」や「てっぺん」などと言った意味です。

以下のように使われます。

The top of mountain.(山
Top of the world.(世界の頂上
Top of the stairs.(階段の上

まとめ

今回はaboveとoverの違いやそれ以外の「~以上」という意味の単語や使い方についてもご紹介してきました。

aboveとoverをおさらいしますと、

above=「~よりも上」という意味で、位置・立場や基準よりも“上”であることを表す際に使う

over=「~の上」という意味で、その上を「覆っている」・「跨っている」・「移動している」様子を表す際に使う

です。この2つの前置詞を使いこなせるようになるには、まずは「そのイメージ」をしっかり掴んでから、使いこなせる練習をすることが大切です。

テストの答え

  1. Over
  2. Over
  3. Above
  4. Above
  5. Over
The following two tabs change content below.
ティナ

ティナ

フィリピン人の父と日本人の母を持つハーフです。10歳までフィリピンで過ごし、英語と日本語のバイリンガルです。英語学習に役立つ記事をお届けします。

-ワンポイント英会話

Copyright© ペラペラ部 , 2018 AllRights Reserved.