1分でわかる!armsとweaponの違いと正しい使い方

2020年1月10日

ペラペラ

肘井 学

【監修】
肘井 学

慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。関東・東海地方の複数の予備校を経て、リクルートが主催するネット講義サービス「スタディサプリ」で教鞭をとる。「英文読解」の講座は年間25万人が受講する超人気講座となっている。『肘井学の作文のための英文法が面白いほどわかる本』、『語源とマンガで英単語が面白いほど覚えられる本』をはじめ著書も多数執筆。

詳しいプロフィールはこちら

英語で「武器」を表す表現でarmsとweaponという2つの単語があります。戦争ゲームをやったことのある人であれば馴染みのある言葉でしょう。

しかし、同じ意味を持っていても異なる単語ですから、それぞれでしか持たない意味も存在します。

例えば、「この椅子は武器になります」を英語で言いたい場合、以下2つのどちらが正しいかわかりますか?

  1. This chair will serve as an arms.
  2. This chair will serve as a weapon.

正解は2の「This chair will serve as a weapon.」です。weaponは、他人に凶器として使用できる武器全般を指します。

一方armsは、特に軍隊などで使用する武器を指します。椅子は軍隊が使用する武器ではなく、本来座るために作られたものなので、例文ではweaponを使うのが適切です。

このように同じ意味を持つ単語でも、それぞれの異なるニュアンスがあるのでしっかり理解して正しく使い分ける必要があります。

今回は、日本人が意外と知らないarmsとweaponの違いを説明するとともに、正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

armsとweaponの違い

weaponpic01

armは一般的に「腕」という意味で知られていますが、複数形のarmsとすると武器、兵器、軍力などといった意味も持ちます。特に軍隊などで使用する武器を指します。例えば、戦車・核兵器・爆弾などはarmsです。

一方weaponは、武器、兵器、凶器などといった意味です。武器にできるもの全般を指します。例えば、ピストル・ナイフ・バット・割れた瓶・杖などもweaponに入ります。

armsの使い方

armsの使い方について、例文を使って説明します。

私の息子は軍事教育を受けました。

My son was bred to arms.

彼らはついに武力に訴えました。

They finally appealed to arms.

彼はより強力な武器を作りました。

He made more powerful arms.

weaponの使い方

weaponの使い方について、例文を使って説明します。

彼女は彼を鈍器で殴りました。

She hit him with a blunt weapon.

彼女は自分の靴を武器に使いました。

She used her shoes as a weapon.

涙は女の武器です。

Tears are women’s weapon.

理解度チェックテスト

テストのイメージ画像

それではここで、armsとweaponを正しく使い分けることが出来るか、いくつかテストをしましょう。

英文の中の(カッコ)には、armsかweaponのどちらかが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. A good brain is his ( ).
    頭のよさが彼の武器である
  2. That item can also be a dangerous ( )depending on how it is used.
    それは使い方次第では凶器にもなります。
  3. That is a long stout staff used as a ( ).
    それは武器として使われた丈夫な長い棒です。
  4. The men are under( ).
    兵は武装しています。
  5. She hold the baby in her ( ).
    彼女は腕の中で赤ん坊を抱いた。

まとめ

今回は、armsとweaponの違いや正しい使い方についてお話してきました。

以下、おさらいです。

  • arms=特に軍隊などで使用する武器のこと
  • weapon=ナイフ、椅子、杖など武器にできるもの全般

前項の例文などを使って、練習しながら感覚を身につけていきましょう。

テストの答え

  1. weapon
    軍隊で使用する武器ではないのでweaponを使います。
  2. weapon
    軍隊で使用する武器ではないのでweaponを使います。
  3. weapon
    軍隊で使用する武器ではないので、weaponを使います。
  4. arms
    armは武器や腕以外に「武装する」という意味もあります。
  5. arms
    「腕」はarmsで表現します。
The following two tabs change content below.
岡田 ティナ

ライター(詳しいプロフィールを見る

10歳までをフィリピンで過ごした英語と日本語のバイリンガル。優れた英会話力を活かし、初心者が抱く英語の疑問を解消する「ペラペラ英語塾」の記事を担当。また、英会話スクールやオンライン英会話、英会話カフェ等を体験してのレビュー記事も担当しており、体験したサービスの数は30以上を数える。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー