1分でわかる!bigとlargeの違いと正しい使い方

2020年4月1日

ペラペラ

清水 健二

【監修】
清水 健二

埼玉県立越谷北高校を卒業後、上智大学文学部英文学科に進む。卒業後は、ガイド通訳士、東進ハイスクール講師、進学の名門・県立浦和高校などを経て現在は作家・文筆業に専念。シリーズ累計70万部突破の「(続)英単語の語源図鑑」、シリーズ40万部突破の「英会話1秒レッスン」、累計10万部突破の「新編集、語源とイラストで一気に覚える英単語」など多数の著作がある。

詳しいプロフィールはこちら

英語で「大きい」と表す際、bigとlargeという単語を使います。どちらもほとんど同じ意味ですが、これらを場面に応じて使いこなせていない人が多く見られます。

例えば、銭湯などの「大浴場」を表す際、以下2つのどちらが正しいかわかりますか?

  1. Large public bath
  2. Big public bath

正解は、1の「Large public bath」です。

Largeは他と比べて大きいこと、つまり客観的に見た物理的に大きいことを表し、「一般的なサイズよりも大きな浴場」なので、a large public bathです。

一方、bigは主観的に見た大きさです。a big public bathも可能な表現ですが、こちらは今まで見てきた通常の大浴場よりも自分が大きいと感じた場合に使います。

このように、同じ「大きい」という意味の単語でも、ちょっとしたニュアンスの違いを理解して使い分けなければ、自分の言いたいことが正確に伝わらなくなってしまいます。

今回は、そんな日本人が意外と知らないbigとlargeの違いを説明するとともに、正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

また、bigとlarge以外にも「大きい」という単語に似ている表現についてもお話ししていきます。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

bigとlargeの違い

bigとlargeの違いは、他と比較した時の客観的な大きさと感情を込めた主観的な大きさにあります。

bigは、個人の主観に基づく判断で決められた「大きい」ものを表します。
例えば、「These are big pants」という文であれば、”自分が大きいと感じている”ことを表すので「このパンツは、(自分にとって)大きい」となります。
bigは主観に基づいたサイズ・規模・重要度・存在などの大きさを表す際に使用されます。

一方largeは、SMLのサイズがあるように、客観的な基準による大きさです。先ほどの例文をlargeと置き換えた場合、「Lサイズのパンツ」の意味になります。
largeは主にサイズや面積を表す際に使用されます。

bigに使い方

bigの使い方について、例文を使って説明します。

「このボールはとても大きいです」

This ball is very big.

一番欲しいものは何ですか?」

What is your biggest wish?

「これはあなたにとって大きなチャンスです」

This is a big chance for you.

largeの使い方

largeの使い方について、例文を使って説明します。

喫茶店などで「コーラのLサイズをお願いします。」

I’ll have a large size of coke.

「私は盛りのご飯を食べました」

I ate a large amount of rice.

「彼女は宝くじで金を当てました」

She won a large amount of money on the lottery.

使い分けの感覚を掴むコツ

bigとlargeの使い分けの感覚を掴むコツとして相応しい例文があります。

This pair of shoes is a size larger,and it is big for me

例文の意味は「この靴は1サイズ大きい為、私にとって大きい」です。

一つの文章に「大きい」という単語が二つ入ってますが、一つ目は靴の”サイズ”(基準で定められているもの)を表すのでlargeを使うのが適切です。

二つ目は、”私にとって”(主観的)大きいことを表すのでbigを使います。

※「larger」は”large”の比較級です。(~サイズ(よりも)大きい)

理解度チェックテスト

それではここで、bigとlargeを正しく使い分けることが出来るか、いくつかテストをしましょう。

以下の英文の(カッコ)の中にはbigかlargeのどちらかが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. Global warming is a( )problem in Japan.
    日本では、温暖化は重大な問題です。
  2. She made a ( )mistake.
    彼女は大きな失敗をしました。
  3. My mother is ( )in Japan.
    私の母は日本で有名人です。
  4. The company expanded into a ( )enterprise.
    その会社は、規模を拡大して大企業になりました。
  5. She want a ( )size of this black T-shirt.
    彼女はこの黒いTシャツのLサイズを欲しがっている。

「大きい」と表すその他の英単語

「大きい」を表す英単語はbigとlarge以外にもあります。その単語がどのように使用されるのか、例文を使って紹介します。

huge

hugeは、巨大という意味です。「大きい」という意味に比べ、主観的に感動・驚きの感情が含まれる場合に使われます。以下のように使われます。

What a huge elephant!(なんて巨大な象だ!)
She has a huge ego.(彼女はいつも自分が最高だと思っています)
The military parade was a huge show of force.(軍事パレードは、非常に大きな力の誇示でした)

grand

grandは、壮大・雄大・盛大などといった意味です。以下のように使われます。

We had a grand dinner last night.(私たちは昨晩、盛大な晩餐会をしました)
He was showered with a grand applause.(彼は盛大な拍手を浴びた)

gigantic

giganticは、巨大な・膨大な・巨人のような、などといった意味です。以下のように使われます。

He has a gigantic appetite.(彼はものすごく食欲があります)
She was dwarfed by his gigantic frame.(彼の巨大な体格に彼女が小さく見えた)
The Gulf of Mexico is gigantic.(メキシコ湾はものすごく大きいです)

enormous

enormousは、巨大な・莫大な・ずば抜けたなどといった意味です。以下のように使われます。

I’m confronted with enormous difficulties.(私は、大変な困難に直面しています)
Her debt is an enormous amount of money.(彼女の借金は計り知れないほど大き金額です)

humongous

humongousは、馬鹿でかい・途方もないなどといった意味です。以下のように使われます。

What?Your boyfriend is 195 cm tall?Humongous!(え~!あなたの彼氏は195センチもあるの?馬鹿でかいね!)

まとめ

今回は、bigとlargeの違いやそれ以外の「大きい」という意味の単語についてもご紹介してきました。

以下、おさらいです。

  • big=個人の主観的な判断で決められる「大きい」もの
  • large=他と比べて客観的に「大きい」もの

を表します。これらの使い分けができると、その「大きさ」はどのように大きいのかを具体的に伝えられるようになります。

前項の例文などを使って、練習しながら感覚を身につけていきましょう。

テストの答え

  1. big
    ”重大な”は測れないのでここではbigを使います。
  2. big
    ”大きな失敗”は主観的な判断基準なのでbigを使います。
  3. big
    ”有名人(大物)”は、bigと表すのでlargeは使えません。
  4. large
    company(企業)で大小を表す場合はbigまたはlargeのどちらも使えるが、enterpriseは客観的な規模の大きさを表すのでlargeしか使えません。
  5. large
    サイズを言っているのでlargeを使います。
The following two tabs change content below.
岡田 ティナ

ライター(詳しいプロフィールを見る

10歳までをフィリピンで過ごした英語と日本語のバイリンガル。優れた英会話力を活かし、初心者が抱く英語の疑問を解消する「ペラペラ英語塾」の記事を担当。また、英会話スクールやオンライン英会話、英会話カフェ等を体験してのレビュー記事も担当しており、体験したサービスの数は30以上を数える。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー