1分でわかる!homeとhouseの違いと正しい使い方

公開日:2018年6月28日
更新日:

カテゴリー: ワンポイント英会話

アイキャッチ画像

英語で「家」を表す際、homeとhouseという単語を使います。どちらも中学英語で習う単語ですが、この2つを正しく使いこなせていない人が多く見られます。例えば、「ただいま!」と言いたい場合、以下2つのどちらが正しいかわかりますか?

  1. I'm home!
  2. I'm house!

正解は1の「I'm home!」です。homeには「ただいま」という意味もあるので、この2つが同じ意味だと思って2の「I'm house!」を使ってしまうと「私は家!」という意味になってしまいます。このように同じ意味の「家」でも指す場所が異なるので、しっかり理解して使い分けることが必要です。

今回は、そんな日本人にとって紛らわしいhomeとhouseの違いについて説明するとともに、それぞれの正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

また、homeとhouse以外にも「家」という単語に似ている表現についてもご紹介していきます。

homeとhouseの違い

違いについて悩む女性のイメージ画像

homeとhouseの違いは、家に人が住んでいるか住んでいないかです。

homeは、自分が住んでいる場所・自分の安らぎのある場所など、基本的に”住んでいる人がいる”ことが前提の家を表します。また、家の場所や規模に関係なく、自分が「家」だと感じていればそこがhomeになります。

一方houseは、人が住んでいる住んでいないに関係なく、”建物”そのものを表します。また、houseは一般的に「一軒家」を指します。

homeの使い方

homeの使い方について、例文を使って説明します。

「(我が家に)帰りましょう!」と言いたい場合

Let's go home!

「私は今(自分のに)帰っている途中です」と言いたい場合

I'm on my way home.

「私の兄は数日、を留守にしています」と言いたい場合

My older brother isn't home for a few days.

houseの使い方

houseの使い方について、例文を使って説明します。

「彼女は私のの隣に住んでいます」と言いたい場合

She lives in the house next to mine.

事は本当に大変です」と言いたい場合

Doing house chores is harder than you think.

「私ののは去年建てました」と言いたい場合

My house was built last year.

理解度チェックテスト

テストのイメージ画像

それではここで、homeとhouseを正しく使い分けることが出来るか、いくつかテストしましょう。

以下の英文の(カッコ)の中には、homeかhouseのどちらかが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. How long does it take to your ( )from here?
    あなたの家はここからどのくらいかかりますか?
  2. We're going to buy a ( )when we've saved enough money.
    お金が貯まったら家を買うつもりです。
  3. He will be ( )soon.
    彼はもうすぐ帰ってきます。
  4. She needs to get ( )by six.
    彼女は6時までに帰宅しなければいけない。
  5. Would you be interested in going into the ( )painting business with me?
    私と一緒に家の塗装ビジネスをやる気はないですか?

「家」を表すその他の英単語

「家」を表す英単語はhomeとhouse以外にもあります。その英単語がどのように使用されるのか、例文を使って紹介します。

hometown

hometownは、故郷・住み慣れた町・地元などといった意味です。

以下のように使われます。

She returned to her hometown after many years away.(彼女は何年も経ってから故郷に帰ってきた)
His hometown was Yamagata City.(彼は山形県出身です)
Traffic caused by people traveling back to their hometowns.(人々の帰省が原因となって起こる渋滞)

dwelling

dwellingは、住所・居所・住処などといった意味です。

以下のように使われます。

What is the name of one's dwelling place?(その住所の地名は何ですか?)
People in the Yayoi period used tateanajukyo for a dwelling.(弥生時代の人々の住居には、主として竪穴住居が使われた。)

まとめ

今回は、homeとhouseの違いやそれぞれ以外の「家」という意味の単語についてもご紹介してきました。

おさらいしますと、

home=住んでいる人がいる家

house=住んでいる人がいるいない関係なく”建物”そのもの

を表します。これらのニュアンスの違いを理解して使い分けることで、「家」について話す際にどこを指しているのかが明確に分かるようになります。

前項の例文などを使って、練習しながら感覚を身につけて行きましょう。

テストの答え

  1. house
    「あなたの家はここからどのくらい」=”建物”までどのくらいの距離からを聞いているのでhouseを使います
  2. house
    「家を買う」=「建物を買う」ということなのでhouseを使います
  3. home
    「”住んでいる場所に”帰ってくる」のでhomeを使います
  4. home
    「”住んでいる家に”帰らなければならない」のでhomeを使います
  5. house
    家の塗装ビジネス=”建物”を表すのでhouseを使います
The following two tabs change content below.
ティナ

ティナ

フィリピン人の父と日本人の母を持つハーフです。10歳までフィリピンで過ごし、英語と日本語のバイリンガルです。英語学習に役立つ記事をお届けします。

-ワンポイント英会話

Copyright© ペラペラ部 , 2018 AllRights Reserved.