1分でわかる!gladとhappyの違いと正しい使い方

2020年4月1日

ペラペラ

肘井 学

【監修】
肘井 学

慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。関東・東海地方の複数の予備校を経て、リクルートが主催するネット講義サービス「スタディサプリ」で教鞭をとる。「英文読解」の講座は年間25万人が受講する超人気講座となっている。『肘井学の作文のための英文法が面白いほどわかる本』、『語源とマンガで英単語が面白いほど覚えられる本』をはじめ著書も多数執筆。

詳しいプロフィールはこちら

喜びの気持ちを表す表現として、gladとhappyの2つの単語があります。どちらも「喜んで満足を感じる」という意味を持ちますが、それぞれに微妙なニュアンスの違いもあります。

例えば、自分の人生や夫婦生活などがうまくいっている人が「私は幸せです」を英語で言いたい場合、以下の2つのどちらが正しいかわかりますか?

  1. I’m glad.
  2. I’m happy.

正解は2の「I’m happy.」です。

happyは、”満たされて幸せな気持ち”の際に使う喜びの表現です。

一方gladは、良い出来事があって、その嬉しさや感謝の気持ちを伝える際に使う”喜びの表現ですので、ここでは使えません。

このように同じ意味の単語でも、それぞれが異なるニュアンスを持っているため理解して正しく使い分ける必要があります。

今回は、そんな日本人にとってわかりづらいgladとhappyの違いを説明するとともに、正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

また、gladやhappy以外の”喜びの気持ち”を伝える表現についても、お話ししていきます。

オンライン英会話おすすめ10選の記事へのリンクバナー

gladとhappyの違い

gladとhappyの違いは、「嬉しい」か「幸せ」かです。 gladは、「嬉しい」という意味です。
gladは、何か良い出来事があって、それに対する瞬間的な”喜び”を表現する際に使います。

happyは、「幸せ」という意味です。happyには「満足した気持ち」や「満たされて幸せな気持ち」のニュアンスが含まれています。
「うれしく思っている」のような継続状態が強調される”喜び”を表現する際に使います。

gladの使い方

gladの使い方を例文で説明します。

「お会いできてうれしいです」

I’m glad to see you.

「私達はその知らせに喜びました

We were glad at the news.

「手伝っていただけるとありがたいです」

I’d be glad if you could help me.

happyの使い方

happyの使い方を例文で説明します。

「彼女は幸せな家庭で育ちました」

She was raised in a happy family.

「あの楽しかった日々を覚えていますか?」

Do you remember those happy days?

「試験に合格してとてもうれしいです」

I’m very happy that I passed the exam.

理解度チェックテスト

それではここで、gladとhappyを正しく使い分けることが出来るか、いくつかテストをしましょう。

英文の中の(カッコ)には、gladかhappyのどちらかが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. He didn’t have a very ( )marriage.
    彼の結婚生活はあまり幸せではありませんでした。
  2. She was ( )she didn’t make any serious mistakes.
    彼女は重大な誤りを犯さずにうれしかった。
  3. May you be ( )!
    あなたの幸福を祈ります!
  4. She is( )of the opportunity to discuss the problem.
    彼女はその問題について話し合う機会があってありがたく思っています。
  5. I feel ( )about that.
    私はそれに喜びを感じます。

「喜び」を表すその他の英単語

「喜び」を表す単語は、gladとhappy以外にもあります。その単語がどのように使われるのか、例文を使って説明します。

pleased

pleasedは、gladと同様に、「嬉しくて」「満足そうな」などといった意味です。「嬉しくて気持ちが満たされた」際に使います。主にビジネスシーンや目上の人に使う丁寧な表現です。 以下のように使われます。

I’ll be pleased to lend you the book.(喜んでその本をお貸しします)
I am pleased that you have gotten well.(あなたがお元気になられて嬉しく思います
She had a pleased look on her face.(彼女は満足そうな顔をしていました)

まとめ

今回は、gladとhappyの違いやそれ以外の”喜びの気持ち”を表す単語についてもご紹介してきました。 おさらいすると、

  • glad=良い出来事に対する「感謝の気持ち」
  • happy=「満足した気持ち」や「満たされて幸せな気持ち」

というニュアンスを持つ喜びの表現です。 前項の例文などを使って、練習をしながら感覚を身につけていきましょう。

テストの答え

  1. happy
    ”長期的な喜び”を表しているのでhappyを使います。
  2. glad
    誤りをしなかったことに対する喜びなので、gladを使います。
  3. happy
    ”幸福”はhappyと表します。
  4. glad
    ”ありがたい”という感謝の気持ちを表しているのでgladを使います。
  5. happy
    ”喜びを感じます”は幸せで気持ちが満ち溢れている様子を表しているのでhappyを使います。
The following two tabs change content below.
岡田 ティナ

ライター(詳しいプロフィールを見る

10歳までをフィリピンで過ごした英語と日本語のバイリンガル。優れた英会話力を活かし、初心者が抱く英語の疑問を解消する「ペラペラ英語塾」の記事を担当。また、英会話スクールやオンライン英会話、英会話カフェ等を体験してのレビュー記事も担当しており、体験したサービスの数は30以上を数える。

ペラペラ部運営会社情報ページへのリンクバナー