1分でわかる!talkとspeakの違いと正しい使い方

公開日:2018年7月6日
更新日:

カテゴリー: ワンポイント英会話

アイキャッチ画像

英語で「話す」を表す際、talkとspeakという単語を使います。どちらもほとんど同じ意味ですが、この2つの違いを”何となくわかる”と曖昧に使ってしまう人が多く見られます。例えば、「私は日本語を話します」を英語に変換する場合、以下2つのどちらが正しいかわかりますか?

  1. I talk Japanese.
  2. I speak Japanese.

正解は2の「I speak Japanese.」です。speakは”声を出して話す”という意味です。talkも「話す」という意味ですが、基本的に聞き手・話し手がいる上で使用するため「日本語を話します」を表す場合は、1の「I talk Japanese.」という英語表現は成立しません。

このように同じ「話す」という意味の単語でも、使い方によって意味合いが変化することもあるので、きちんと理解して正しく使い分ける必要があります。

今回は、そんな日本人にとって紛らわしいtalkとspeakの違いを説明するとともに、正しい使い方についてもレッスンしていきましょう。

また、talkとspeak以外にも「話す」という単語に似ている表現についてもお話ししていきます。

talkとspeakの違い

違いについて悩む女性のイメージ画像

talkとspeakの違いは、一方的に言葉を発するか話し相手と話し合うかです。

talkは、聞き手・話し手がいて”言葉のキャッチボールをしている”様子の「話す」を表します。例えば、誰かと話す・誰かと話し合ったなど、基本的に「誰か」がいて何かについて話すなどを言いたい場合はtalkを使います。

一方speakは、聞き手がいるいない関係なく”言葉を声に出して話す(喋る)”様子を表します。例えば、講演やセミナーで話す・言語を話すなど、必ずしも相手とのやり取りを必要とせず、基本的に”音”を出すということに焦点があります。

talkの使い方

talkの使い方について、例文を使って説明します。

「少しお話ししてもいいですか?」

Could I talk to you for a minute?

「仕事について話し合いましょう」

Let's talk about work.

「私に話しても大丈夫ですよ」

You can talk to me.

speakの使い方

speakの使い方について、例文を使って説明します。

「はっきり話してください」

Please speak clear.

「私は英語がほとんど話せません」

I can hardly speak English.

「彼女は愛について語ります」

She will speak about Love.

使い分けの感覚を掴むコツ

talkとspeakの感覚の掴み方としてふさわしい例文があります。

When I talk to her,we speak in English each other.

例文の意味は「私は彼女と話す時、お互いに英語で話します」です。

一つの文章に「話す」という単語が2つ入っていますが、1つ目は「彼女と話す」というように話し手がいて、”話し合っている”ことがわかるのでここではtalkを使います。2つ目の「英語で話す」は、単に英語の言葉を使って”(声に出して)話している”ことがわかるのでspeakを使います。

理解度チェックテスト

テストのイメージ画像

それではここで、talkとspeakを正しく使い分けることが出来るか、いくつかテストをしましょう。

以下の英文の(カッコ)の中にはtalkかspeakのどちらかが入ります。正しいと思うものを入れてみてください。

答えは記事の最後にあります。

  1. I ( )slowly.
    私はしゃべるのが遅いです。
  2. Don't ( )so loud.
    そんなに大声で喋らないでください。
  3. She ( )in dulcet tones.
    彼女はいつも甘い口調で話します。
  4. I'm so tired I can't ( ).
    私は疲れて話せない。
  5. Please ( )with freedom.
    どうか、思いのまま話してください。

「話す」 と似ている表現の単語

「話す」を表す英単語はtalkとspeak以外にもあります。それらの英単語がどのように使用されるのか、例文を使って紹介します。

say

sayは、(ある内容を)言う・述べるという意味です。

以下のように使われます。

She didn't say anything to me.(彼女は私に何も言いませんでした)
My mother said "bye-bye"to him.(私の母は彼に「さようなら」と言いました
It's hard to say that.(それは言いにくいです)

tell

tellは、(誰かに情報を)言う・伝える・知らせる・語るなどと言った意味です。

以下のように使われます。

Don't tell him about it.(彼にそのことをわないでください)
I'll tell him that.(そう彼に伝えます)
She always tell a joke.(彼女はいつも冗談を言います)

まとめ

今回は、talkとspeakの違いやそれ以外の「話す」という意味の単語や使い方についてもご紹介してきました。

おさらいしますと、

  • talk=聞き手・話し手がいて”言葉のキャッチボールをしている”様子の「話す」
  • speak=聞き手がいるいない関係なく”言葉を声に出して話す(喋る)”

を表します。これらを理解して正しく使いこなすことで、ネイティブと会話をする際、自分の言いたいことをより伝えられるようになります。

前項の例文などを使って、練習しながら感覚を身につけていきましょう。

テストの答え

  1. speak
    ”喋るのが遅い”は声に出す話すことを表しているのでspeakを使います。
  2. talk
    ”大声で喋らないで”は、話し合っている状況で指摘をしているのでtalkを使います。
  3. speak
    ”甘い口調で話す”は声の発し方を表しているのでspeakを使います。
  4. talk
    ”疲れて話せない”は、誰かと話している状況で言っているのでtalkを使います。
  5. speak
    ”思いのまま話して”は、話し方を表しているのでspeakを使います。
The following two tabs change content below.
ティナ

ティナ

フィリピン人の父と日本人の母を持つハーフです。10歳までフィリピンで過ごし、英語と日本語のバイリンガルです。英語学習に役立つ記事をお届けします。

-ワンポイント英会話

Copyright© ペラペラ部 , 2018 AllRights Reserved.